北海道ツーリング2018旅ブログ PART10 -はじめての常呂遺跡-

ところ遺跡の森(常呂遺跡)



どもです、さすライダー(@SasuRider0420)です。

長きに渡って、スロー連載を続けているこのシリーズも、遂にPART10、つまりは2桁台に突入しました。

自分で言うのも何ですが、2018年の北海道ツーリングは、かなり濃い〜旅をしたと思います、、、だから思い出して書くのが大変です(笑)

気を取り直して、さてさて今回は、北海道では貴重な「遺跡」を巡る旅です。

 

北海道ツーリング2018 女満別のメルヘンの丘と網走の能取岬

網走湖の絶景の夕日が見れたり、エゾリスちゃんに会えたり、素敵な親子に会えたり、温泉が最高だったり、、、「女満別湖畔キャンプ場」は、マジでイケてるキャンプ場だった。

ぶっちゃけ、このまま連泊したい勢いだけど、GS号が早く走りたそうなので、後ろ髪を引かれながら出発。

 

女満別湖畔キャンプ場の朝

テントを撤収して今日もいざ出発


 

ここは美瑛と並び、美しい丘が沢山ある事で有名な「女満別」だったらまずは「丘り」ますか。

と言う事で、網走へと続く国道39号線沿いにある、女満別のシンボル的存在「メルヘンの丘」にてGS号停車。

今日も奇跡の晴れ男全開の天気なので、ただでさえ綺麗な丘が、青空とのコラボで神ってますなぁ、、、そしてそこに映える僕の愛車、、、っふ、今日も朝から決まってるぜ(きらり)

 

女満別のメルヘンの丘

女満別のメルヘンの丘でメルヘン気分に浸る


 

「フラワーガーデン はな・てんと」に寄って行こう

そういえば、昨日の素敵な親子は、無事にシマリスちゃんに会えたのかな?

「オホーツクシマリス公園」に、曲がる道を横切った際に、昨日のやりとりが頭によぎったが、、、きっと僕の心配をよそに、今頃シマリスちゃんと楽しく遊んでいるに違いなので、そこは気にしないでおこう。

摩周湖

北海道ツーリング2018旅ブログ PART9 -絶景の藻琴山・摩周湖・美幌峠-

2019年1月20日

【オホーツクシマリス公園】シマリスと遊べる網走の夢の国を体験

2017年9月20日

 

さて、このまま網走を抜けるのは面白くないので、せっかくなので、行ってない場所をひとつ制覇して行こうじゃないか。

僕の写真が表紙になっている(きらり)北海道のガイドブック「北海道ツーリングWalker」に掲載されている「フラワーガーデン はな・てんと」に向かって、国道39号線を「天都山」方面へと向かう。


 

北海道らしからぬ、ちょっと狭い坂道を登っていくと、そこに現れたのは、、、閑散とした、誰もいないお花畑だった(笑)

ガイドブックには「天都山の斜面3.5haに多彩な花が咲いている」と書いてあるが、ちょっとシーズンがずれてしまったのか、ところどころ花も閑散としている。

まぁ、きっと北海道じゃない場所だったら「すげ〜綺麗」ってなったかもだけど、ここは北海道なので、これくらいのお花畑は普通にあるよね、、、という感じでした、、、よっしゃ!また一つ行ってない場所を制覇したぜ( ・∇・)

 

フラワーガーデン はな・てん

まぁでも綺麗ですけどね


 

絶景の「能取岬」を目指して出発

さて、気を取り直して、網走の絶景スポットとくれば「能取岬」でしょ、しかも晴れてるから、今でしょ!という事で、能取岬にレツゴーでございます。

網走市街にある、国道39号線の終わりの交差点で、国道238号線に右折、あとは能取岬までの一本道、道道76号線に入ればOK。

道道76号線自体は、北海道では特に普通の道だが、クライマックスの能取岬へと続く一本道が、ツーリングマップルの表紙になった事もある絶景ロードなのだ(すぐ終わっちゃうけど)

 

能取岬への道

ここの道は気分爽快です!


 

白と黒の能取岬灯台を目掛けて続く、緩やかな草原の一本道は、誰がどこで写真を撮っても絵になる道だ。

オホーツク海の断崖絶壁が見られる、能取岬灯台もまた絶景で、周辺には遊歩道が整備されているので、ゆっくりと景色を見ながら散策を満喫した。

広い駐車場も完備されているので、バイクも安心して停めておけるし、何よりも、、、無料です(重要)

 

能取岬

絵になる風景の能取岬


能取岬

オホーツク海の絶景が堪能できます




 

北海道ツーリング2018 北海道遺産の「ところ史跡の館」

なんだかもう、色々と遊んだような気がするけど、、、時はまだ12時前、本当にツーリング中は早起き万歳過ぎる。

さて、ぶっちゃけこの先はノープランなので、時間とツーリングマップルと相談しながら、旅を続けましょうか。

取り敢えずはサロマ湖を通過するから、サロマ湖の何か、、、できれば行った事がない所、、、あった!

 

まずは、サロマ湖のホタテ料理が堪能できる「レストハウスところ」あとは北海道遺産の「ところ史跡の館」だ。

場所的に、はじめにご飯を食べてから、次に遺跡巡りをしたいところだが、、、時間がまだ早いので、先に遺跡巡りに決定。

という事で、道道76号線から、国道238号線にスイッチ、このあたりの道は、毎度眠くなる単調な道、、、だけど頑張って走って、道道442号線に突入「ところ史跡の館」に到着。

 

ところ史跡の館

北海道遺産の「ところ史跡の館」


 

あ、ここはあの有名な宿「船長の家」がある場所だったのか!(ところ史跡の館の目の前でした)

お腹が破裂するほどの、大ボリュームの夕食で有名な、旅人の間では有名な宿、、、カニやホタテやカキや刺身が、これでもか!というほど、沢山出て来るんだとか、、、今度是非行ってみよう。

と、このままだと、僕の食いしん坊が目覚めそうなので、とっとと目の前にある「ところ史跡の館」にチェックイン、、、ってあれ?あれはまさか?プリチーシマリスちゃんじゃないですか\(^^)/

野生のシマリスは初めて見たぁ、か〜わ〜い〜い、あ、、、行っちゃった、、、、(写真撮るの忘れた・爆)

 

蚊の波状攻撃に泣きたくなる

「ところ史跡の館」は、この辺り一帯に広がる「常呂遺跡」の中心的な施設で約2700基の竪穴式住居跡の窪みが現在でも残る、大変貴重な場所なのです。

北海道の先住民といえば「アイヌ民族」ですが、ここはそれより遥か昔の縄文時代から続く遺跡で、北海道では貴重な人工物の観光地です。

入場料が「280円」かかりますが、余裕で元を取れるぐらいの見応えがあるので、是非行ってみて下さい(物量凄いです)

 

そして野外には、実際の竪穴式住居跡が見られる、遊歩道が整備されているのですが、とにかく蚊が多く、なまら蚊が多く、やっぱり蚊が多いので(汗)虫除けスプレーをしないと、大変なことなります(大変なことになりました)

常に体の周りに、あのイヤ〜な飛行音がまとわりつく感じで、あっという間に蚊に刺されまくりました、、、まさに波状攻撃のように、、、僕は痩せているからなのか?普段あまり蚊に刺されないので(美味しくなさそう?)、、、何だかとても無力感を感じると共に、悲しい気持ちになりました(涙)

もちろん、竪穴式住居跡は見応えがありましたが、途中で逃げるように、GS号の元へと帰りました、、、

 

常呂遺跡の竪穴式住居

竪穴式住居跡を見る際は虫除けスプレーが必須です!




 

北海道ツーリング2018 レストハウスところでホタテ尽くし

いやいや、本当に酷い目にあった、、、気持ちが落ちている時は、美味しいご飯を食べるか、温泉に入るべし!

という事で、毎日のお楽しみのランチタイムは、待望の「レストハウスところ」さんで決まり。

来た道を5kmほど引き返して、いざホタテ尽くしの世界へ!

 

 

レストハウスところ

「レストハウスところ」さんに到着


 

レストハウスところさんは、オシャンティなレストランではなく、ドライブイン的な大衆食堂なので、誰でも気軽に入れます。

店内に入ると、さすがの人気店なのか、平日の僻地(失礼)なのに、まぁまぁの人入り具合。

選ぶメニューはもちろん、名物の「帆立づくし定食(1800円)」で決まりっしょ(リーズナブルなメニューもあります)

 

レストハウスところ

あれもこれもそれもホタテ!


 

うわ〜美味そう!ホタテの刺身に、フライに、ボイルしたやつ?とにかく名前通りの「帆立づくし」にニンマリしちゃいますよ。

さっきの蚊の波状攻撃なんて、もうすっかり忘れたもんね〜だ( ・∇・)

え?1800円のランチって贅沢過ぎ?だって、食べるために北海道を走ってるんですよ?(何か問題でも?)

 



 

北海道ツーリング2018 滝上町を目指したら結果オーライ?

さて、ここから本当にどうしよう?の、相変わらずのノープラン。

これから数日かけて、ぼんやりと目指す場所は、最北端の宗谷岬だけど、このままオホーツクを北上したら、ルートが何時も通り過ぎる。

ということで早速「ツーリングマップル」と「北海道ツーリングWalker」を広げると、前から行ってみたかった、西興部村のキャンプ場「西興部森林公園」を目指すルートがナイスだと思い、早速そこを目指すことに。

キャンプ場内に、バッティングセンターがあったり、居酒屋があって酒が飲めるという面白い場所だったので、前からマークしていたのだ(ちなみに僕は酒が一切飲めません)


 

そこまでのルート的には、芝桜で有名な「滝上町」を通るルートが良いと思い、時間があれば「香りの里 ハーブガーデン」というオシャンティスポットを見ていくつもりだ。

ということで、サロマ湖を眺めながら、国道238号線を西へ爆走!、、、途中、湧別町にある、イートイン付きのセイコーマートにチェックイン(疲れた)

前から食べてみたかった、ハスカップのソフトクリームごっちゃんです(おいちい)

 

セイコーマート

ハスカップソフトクリームうまうま


 

滝上町のハーブガーデンはちょっと微妙だった、、、

ハスカップパワーで、引き続き国道238号線を西へと走り、紋別の市街地の手前で、道道713号線→国道273号線と繋ぎ、ここからは走ったことが無いルートに突入。

しかし、ここから滝上町が意外と遠く、景色も単調な道だったので、着いた頃にはヘロヘロになってしまった。

そしてお目当の「香りの里 ハーブガーデン」の手前の道の駅に、テント村を発見、、、あ、ここにキャンプ場あるんだ、、、へぇ、、、もう、今日はここで良くないですか?

かなりお疲れだけど、せっかくなので「香りの里 ハーブガーデン」へと登っていくと、、、ちょっと微妙な場所だった(笑)

 

「香りの里 ハーブガーデン」

ここが「香りの里 ハーブガーデン」です


 

北海道ではよくある、オシャンティな庭園なんですが、やっぱり滝上町のメインは、毎年5月下旬〜6月上旬に行われる「芝ざくらまつり」なので、要は閑散としています(笑)

時期的な問題なのでしょうが、庭園の花がまばらで、、、人も誰もいない、、、でもせっかくだから、ハーブティーでカフェでもしましょうか。

ということで、目の前の道の駅のキャンプ場の情報を、スマホで調べながら、庭園でオシャンティカフェタイムを満喫。

 

香りの里 ハーブガーデン

園内にはカフェ兼おみやげショップがあります


香りの里 ハーブガーデン

とりあえずカフェでもしましょうか


 

滝上町渓谷公園は驚きの無料キャンプ場だった

「香りの里 ハーブガーデン」の目の前にある「滝上町渓谷公園(道の駅 香りの里たきのうえ)」には、なんと無料のキャンプ場があり、さっき見たテント村はこれだったのか!と、今日は即決でココに泊まることにしました(疲れちゃった)

西興部村のキャンプ場は、また今度ということで、、、だって目の前にあるキャンプ場が無料だし、温泉とセイコーマートも近いという「ゴールデンパターン」なんだもん(ゴールデンパターン?なにそれ?という方は下の記事をどうぞ)

【北海道ツーリングのイロハ】現地をバイクで旅する10個のポイント編

2018年4月5日

 

さてさて、ここの受付方法は、道の駅のスタッフさんに、キャンプしたい旨を伝えて、帳簿に名前と住所を記入するタイプで、トイレは道の駅のトイレを使用、炊事場はちゃんと完備されています。

しかし、立派なキャンプ場!というよりは「道の駅の空いたスペースをキャンプ場として解放しています」というスタンスなので、サイトはかなり狭い感じです。

僕のように、ソロキャンパーならOKですが、グループでデカいテントを使う方は要注意です、、、が、多分穴場なので空いていると思います(笑)

 

滝上町渓谷公園

道の駅でキャンプの受付をします(トイレはここです)


滝上町渓谷公園

サイトは狭いですが設備は綺麗です


 

まぁでも、今日ここを偶然見つけてラッキーだったかも、、、流石にここから西興部村まで走るのは、時間的にも体力的にもキツかったですわ(遅くても17時までにはテントを張り終えたい人間です)

ここは小さなキャンプ場だけど、静かだし、温泉が近いし、なかなか良い場所を発掘しちゃった、、、と周辺を散策していると、、、なんと炊事場で驚愕の事実が!

え?これって、あのコンセント様じゃないの?いや、どう見てもコンセント様ですよね?僕のようなガジェットライダーの神様の、あのコンセント様ですよね?

なんと!炊事場に多数のコンセントが付いており、皆がモバイルバッテリーやらスマホやらを充電しているではありませんか!

 

こ、これは、、、使って良いものなのか?と一瞬考えましたが、、、俗世にまみれた僕は「皆が使っているからOKの法則」に従い、堂々とスマホとMacBookを充電させて貰いました。

充電禁止!と書いてあったり、コンセントに蓋がしてある場所なら、勿論充電しないですが、多分グレーゾーンだとは思いますが、、、充電しちゃいました。

なのでこの情報は、あくまで自己責任と言う名の情報に捉えて下さい(とは言っても、めっちゃ助かりました)

 

温泉とセイコーマートがあればそれでよし

今日の寝床と電源を確保したので、いざセイコーマート様に買い出しタイム。

キャンプ場からバイクで5分くらいの場所にセイコーマート、500メートルくらい(徒歩でも行ける)の場所に「たきのうえホテル渓谷(温泉)」と、かなりナイスなキャンプ場で本当に良かった。

しかも、温泉が440円と安く、ボディソープとシャンプー付きで最高でした!ここはきっと、人気キャンプ場になるスペックを秘めていると思います。

さて、そんなこんなで、今回もそろそろお後が宜しいようで、、、またの次の更新をお待ちくださいませ。

 

たきのうえホテル渓谷

近くに温泉もあって最高です


今回のツーリングデータ
日時:2018年8月2月(木曜日)
天気:まずまずの良い快晴
走行距離:191km(累計:1927km)
旅のルート:女満別→網走→常呂→上湧別→紋別→滝上
宿泊場所:滝上町渓谷公園
費用:6712円(累計:65042円)
摩周湖

北海道ツーリング2018旅ブログ PART9 -絶景の藻琴山・摩周湖・美幌峠-

2019年1月20日

 

これを見れば誰でも北海道ツーリングのプロになれる

北海道に通い続けて早10年以上、そんな「プロ北海道ツアラー」の僕がまとめた、北海道ツーリングのイロハを凝縮した記事を厳選しました。

【北海道ツーリングのイロハ】バイクの装備とキャンプの持ち物リスト編

2018年3月17日

【北海道ツーリングのイロハ】旅の予算や日数・フェリー・ルートなど計画編

2018年3月27日

【北海道ツーリングのイロハ】現地をバイクで旅する10個のポイント編

2018年4月5日

実走レポート付き!北海道ツーリングおすすめルート10選

2018年7月5日

 

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA