【目指せ最南端】冬の南紀ツーリング PART2 -淡路島上陸-

淡路島 フェリー


ツーリングDATA

日時:2017年12月8日(金)
天気:晴れ時々曇り、そして強風
走行距離:68km(今回の旅の累計98km)
旅のお小遣い:6826円(今回の旅の累計7697円)
ルート:徳島→大鳴門橋→淡路島
宿泊:淡路 ツーリスト トロフィーハウス

 

バイクと一緒にまったりフェリーライフ

乗船券を即効無くしながらも

昨夜、無事にバイクとフェリーに乗れた僕。

【目指せ最南端】冬の南紀ツーリング PART1 -出発-

2017.12.17

 

東京を19:30に出て
翌日の13:20に徳島イン

オーシャン東九フェリーで

約18時間の東京から徳島までの船旅

※曜日によってダイヤが若干違います

 

人だけなら運賃約12000円

バイク込みだと
排気量によって6000円〜12000円くらいプラス

 

夜行バスやLCCなどの格安移動時代において
決して安くない金額ではあるが

僕はフェリーの旅が好きだ。

 

海を見ながら、ロビーでぼーっとしたり

お風呂入ったり(綺麗)ご飯食べたり。

 

これといってマストな事はないけれど

することが無いという言う幸せ。

高速道路一気走りと違い、
翌日体力マックスで旅をスタートできる余裕。

 

そして何より「バイクと一緒に」移動できる。

 

広がる大海原を見ながら
MacBookで仕事をこなしたり、

Swichで遊んだり、海を見ながらコーヒーしたり

うたた寝したり、、、ラジバンダリ(古っ)

 

かなり有意義に船内ライフを満喫したと思う。

オーシャン東九フェリー

船内快適ですよ(カプセルホテルチック)




 

ちなみにオーシャン東九フェリーにWiFiは無いが

航路が常に陸に近いので、
全体の行程の7割くらいは携帯が使える。

だからテザリングでPCも使えますよ。

 

食べることに関しては、

お茶サーバーにポットに電子レンジ
各種調味料に割り箸やスプーン、なんでも揃ってます。

 

食料は船内は自販機のみなので

事前の買い出しは必須です(乗り場近くにローソンあり)

 

徳島上陸!ツーリング開始!

下船30分前の船内放送がかかる

フェリー内のゆるい格好から
ライダー装備にチェンジ、荷物のチェック!

自然に気合が入る瞬間だ。

 

徳島港が目の前に迫ってくる

今から愛車と走ることにワクワクする。

 

荷物をGS号にパッキング
フェリーの扉が開いた瞬間、ここから今回の旅が始まる。

トリップメーターを0に戻し、いざ!

淡路島 フェリー

徳島港に降り立つよ〜




 

こうして僕とGS号は
四国の大地へと降り立ったのだった。

今から始まる新しい旅に高揚する!

気温も暖かく、西に来たと言う実感が湧く。

淡路島 フェリー

徳島上陸なう




 

このまま四国を一周したいところだが

四国は今年の4月に一周済み(何回一周してもいいけど)

 

今回の目的は和歌山は潮岬!南紀の海である。

って、ことで行きます!淡路島に!

四国一周ツーリング by R1200GS 旅の概要編

2017.04.14

 

鳴きちゅるうどんが食べたい!

上陸の記念撮影を済ませて

僕とGS号が真っ先に向かったのは
徳島市内にある「舩本うどん」さん。

 

鳴門市のご当地料理「鳴きちゅるうどん」が食える店。

 

鳴門市で食べたいところだが
「鳴きちゅるうどん」の店は、どこもかしこも

営業時間が14時までとやる気がない(笑)

 

今回はフェリーの到着時間的に無理だな、、、と諦めていると

 

あるではないか!
徳島市内に15時までやってる店が!

しかもフェリー乗り場からバイクで10分ほどの距離。

しかもネットの評価が高い=行くでしょ。

 

お店の目の前を通ると?

店員さんが営業中の看板を外している

 

、、、((((;゚Д゚)))))))

 

え?あぁ、、、時間は大丈夫だけど

麺が無くしなり次第終了ってやつかも、、、

 

鳴ちゅるうどん 舩本うどん

閉まっちゃった、、、




 

ツーリング先で美味い飯を食うことが人生の生きがいの僕

 

さっきまでの「これから旅するぞ」感が薄れ

一気にフォースのダークサイドのどん底に、、、あぁ、、、

 

ダメもとで駐車場にバイクを止めて

お店の扉を開けると、、、

「あぁ、今バイクで来た人ね、どぞぉ」

 

、、、((((;゚Д゚)))))))

 

な、なんと、営業が終わった(っぽい)のに
食べさせてくれると言う、、、

ここのお店は神ですか?

 

メニューはいたってシンプル

うどん400円、大盛500円、もちろんうどんで!

 

やっと「鳴きちゅるうどんが食える」と思った矢先

あっという間に目の前に、これは美味いうどんです!

と自ら語るうどんがやって来た。

 

四国といえば、コシが強く
太めのうどんの、讃岐うどん様が有名だが

それとは真逆の、規則性の無い細麺

 

チュルちゅる(鳴きチュル)と麺をすすると

 

美味い!これは美味い!
うどんもナイスだけど、出汁が美味すぎワロタ

出て来て3分で完食、大盛りにすれば良かった。

 

鳴ちゅるうどん 舩本うどん

でも食べちゃった〜!




 

閉店後にわざわざ
お店を開けてくれた店員さんにお礼を言って

足早に退店(早く出ないとね)

 

さすが旅人に優しい旅大陸「四国」

もーこのまま四国の旅でいいんじゃ無いか?

美味いうどん食って満足です。

 

いざ淡路島へ!強風の大鳴門橋!

今日の目的地は淡路島、

徳島からフェリーで
一気に和歌山まで行くこともできるが

僕は淡路島経由で神戸→大阪→和歌山と行く。

 

ついでに淡路島もバイクで一周しようと言う魂胆だ

 

徳島から淡路島へは
渦潮の鳴門海峡を超える「大鳴門大橋」を使う。

徳島も淡路島も来たのは初めてでは無いが

何気に橋を使ってアクセスするのは初である。

 

大鳴門橋を目指してGS号で走り出すと

なにやら風が強い、、、
そして橋が見渡せる広い道に出ると、、、

景色はいいけど、風がヤバいくらい強い。

 

、、、橋の上、、、やばそう、、、

徳島 バイクツーリング

景色はいいけど、内心ヒヤヒヤ




 

以前、日本一周している時
強風の瀬戸大橋をゼルビスで走った時から

強風の橋渡り恐怖症だ(好きな人はいないだろうけど)

 

まぁ、でもバイクは世界最強旅バイク
GS号の車重であれば、多分振られないであろう、、、

なんて自分に言い聞かせる。

 

大鳴門橋とGS号のコラボ写真を撮っていざ!

 

ってか高速道路自体がGS号では初めてかも?

橋を渡るだけですが、、、あ、バイクのETCも初かも?

ちゃんとゲート開くかな、、、(開いた)

 

うぉー行くぜ!道路がめちゃ広い。

初めは景色を見る余裕が、、、すぐに消え失せた(笑)
GS号の巨体が振られる強風。

ひえ〜!あははは!なんか楽しくなって来た。

 

雨が降ると、風が吹くと

嫌だけど嫌だけど、なぜか楽しくなってくる

 

それがRider「We are ドM」

 

景色見てる余裕が皆無。

GSのスクリーンに頭を隠して
ニーグリップがっちり、視線は努めて正面。

無事に橋の切り抜け成功、、、

 

料金は二輪車570円(ETC)

ETCじゃ無いと、なんと930円(高っ!)

たったの5kmくらいっすよ?

 

無事に橋を降りても強風

橋を降りたのもつかの間
鳴門海峡と大鳴門橋が見渡せる「道の駅うずしお」

そこに向かうまでも強風。

 

iPhoneナビを設定したいが
強風で設定中にGS号を足で支えられる自信がない。

これはヤバい!とにかく降りずに目指そう。

 

道の駅の駐車場もめちゃ強風。
風の流れに沿った場所に停車、やっと一息。

あ〜寿命が縮んだ気分だぜ。

 

トボトボと橋が見える場所へと歩き出す。

すると案の定強風で、渦潮がかなり渦っている!
ある意味これはラッキーなのか?

 

近くで見ると凄まじい存在感の大鳴門橋

こんなの作れる人間て、マジすごいわ。
ご丁寧に若干夕日のオレンジも合間って

 

なんとも言えない非日常感あふれる風景。

大鳴門橋

圧倒的な存在感の大鳴門橋




 

苦労したけど良いものを見た、まさにそれ。

 

もっとゆっくりこの景色を見たいけど、

今日はどうしても
寄らないと行けない場所がある。

 

旅先でfacebook友達の方と出会う

道の駅うずしおからバイクで15分、

道の駅 福良に到着。

 

だいちゃーん、よく来たね!

とfacebookで繋がっていた人と初めて会う(笑)

淡路島の観光ガイドさんで、
今日は道の駅の駐車場係員さん。

 

だいちゃん、初めまして!
、、、全然初めまして感がない(笑)

 

あ、ちなみに僕、だいちゃんは
ネット上の通り名じゃなくて

普通にリアルで皆から「だいちゃん」って呼ばれてます。

今回のように初めて会った人にも(笑)

 

旅の話や淡路島の話で盛り上がり
道の駅の渦潮チックな足湯でまったり。

今度はゆっくり来ることを約束して、その方と別れた。

淡路島 道の駅

渦潮ってる足湯(気持ちいい)




 

よく台風の中継でこういうの見るね

さて、あとは宿を目指すのみ!

風がだいぶ収まって来たから
海沿いの道を行こう、せっかく淡路島だしね。

 

内陸の道を抜けて淡路島の西海岸に出ると?

 

、、、((((;゚Д゚)))))))

な、波が、、、道路に被ってる、、、

 

台風の中継でこういうの見たことあるね、、、
ヤバ、、、今日は完全に判断誤まってるぞ(笑)

波のタイミングを見て出発!

 

早く抜けよう、、、あ、ちょいと波をかぶった

 

、、、錆びないかな(汗)
風強いし、寒いし、なんだか空の色がおかしい。

淡路島 バイクツーリング

なんかヤバイ空模様




 

バイク乗りのオーナーさんの宿

今日の自然は僕に優しくない様子。
早く宿に行こう、、、

宿はバイク乗りのオーナーさんが営むゲストハウス。

 

その名も「淡路 ツーリスト トロフィーハウス」

いつかマン島を
バイクで走りたい願いから、この宿の名前らしい。

 

流石にこんな日の平日、客は僕一人、、、

平日の人のいないゲストハウスって
妙な不気味さと悲壮感があったりする(笑)

 

まぁ仕方ない、
ようやく落ち着ける場所にバイトを停めれた。

さすがバイク乗りのオーナーの宿

当たり前のように屋根付き駐輪場である(ありがたい)

 

あれ?え?ええ?
GSの起動音がおかしい、

電子制御系の音が起動する音が

なんだかいつもと違う、、、ジジジジ言ってる?

 

まさか、さっき波を被ったらから?

フェリー乗る前にディーラー行ったから
不具合ではなさそうだけど、、、

 

とにかく今考えても仕方ない、これは様子見だな!

 

その後、広い部屋を一人で占領。
GS号の異音をネットで検索(わからず)

近くの温泉にオーナーさんが送迎してくれ、旅の疲れを癒した。

 

これは波乱の旅の予感だな(笑)

 



 

今回のツーリングで訪れた場所

舩本うどん 末広店
住所:〒770-0866 徳島県徳島市末広2丁目1−17
電話番号:088-624-0967
HP:食べログページ

道の駅うずしお
住所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947−22
電話番号: 0799-52-1157
HP:公式ホームページ

道の駅 福良
住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良1528-4
電話番号: 0799-52-2336
HP:公式ホームページ

アワジ ツーリスト トロフィー ハウス
住所:〒656-1301 兵庫県洲本市五色町都志266−2
電話番号: 090-3263-5174
HP:公式ホームページ

 

自由気ままなバイク旅に出る方法

愛車と気が向くままに

自由気ままなバイク旅に出かけよう!

 

日本2週済みの僕が、
時間や曜日を気にせずツーリング出来る方法を


無料のメルマガで公開中です。

読者400名突破!
大人気のメルマガは、コチラ

※オリジナル北海道キャンプ場ガイドプレゼント中

 

【目指せ最南端】冬の南紀ツーリング PART3 -和歌山を目指せ-

2017.12.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA