【大自然のテーマパーク】世界遺産のど真ん中「国設知床野営場」

国設知床野営場



日本が誇る世界自然遺産「知床」青い海と緑の森、知床連山の雄大な姿と可愛い野生動物たち、、、知床はまさに「大自然のテーマパーク」です。僕が北海道で一番好きな場所であり、毎年必ず訪れる場所でもあります。

知床に来ると毎回実感するのは「空気感の違い」です。同じ地球の空気なのに、何時も自分たちが触れている空気とは何かが違う、どこか神々しい、それでいてとても心地の良い、知床はそんな空気感に溢れています。

そして、その知床にある、世界遺産のど真ん中のキャンプ場が「国設知床野営場」です。名前の通り国が運営している、サマーシーズン限定のキャンプ場です。ちなみに僕は6年連続ここに泊まっているヘビーユーザーです(笑)それくらい魅力のある素敵なキャンプ場です。

f:id:sasu-rider:20170821212751j:plain
 

設備充実の快適キャンプ場

国設知床野営場は、知床のオホーツク側の玄関口「ウトロ」の町のほぼ中心、小高い丘の上にあります。ウトロの町はコンビニやスーパー、郵便局にガソリンスタンド、さらには設備充実の道の駅まで(エゾシカバーガーが絶品:写真参照)必要にして十分な施設が整っています。

キャンプ場がある丘から町へ下るのは、車やバイクで3分、歩いても10分と非常に恵まれた立地のキャンプ場です。世界自然遺産のキャンプ場 = 最低限の設備というイメージとは良い意味でかけ離れています。

もちろん町が近いからといっても、そこは世界自然遺産!場内は、野生のエゾ鹿が普通に出没する静かな森です。

 

国設知床野営場がある場所は「夕日台」と言って、知床屈指の夕日スポットです。故にキャンプ場から絶景の夕日が拝めることはもちろん、徒歩圏内の温泉に浸かりながら夕日を眺めることもできます(その名も夕日台の湯:写真参照)

キャンプ場の設備も非常に充実していて、売店と観光案内所併設の管理棟、綺麗な炊事場、管理棟の建物内にある清潔な24時間トイレ(明るいです)ランドリー、バンガローと至れり尽くせりです。実際快適なので、長期滞在者も目立ちます。

 

そして何より、こんなに良いキャンプ場なのに(お盆を除いては)そんなに混雑していないところです。せっかく自然豊かな知床にまで来て、人の波に飲まれたなくないですよね(笑)そしてそして、料金はたったの一泊400円、これだから辞められません!

f:id:sasu-rider:20170821212753j:plain
f:id:sasu-rider:20170821212755j:plain
f:id:sasu-rider:20170821212756j:plain
f:id:sasu-rider:20170821212759j:plain


 

キャンプ場周辺は大自然のテーマパーク

国設知床野営場は、知床の代表的な観光地のほとんどが、車やバイクで片道30分以内で行ける立地です(羅臼側を除く)つまり、知床を満喫したいけど、滞在費が気になる方には、これ以上ない最高の場所なのです(ウトロは宿やホテル、ゲストハウスなども充実しています)

まず、ウトロの町の見所「オロンコ岩」と「ゴジラ岩」は徒歩圏内です。「オロンコ岩」は多少登るのがキツイですが、晴れていると美しい知床連山がクッキリはっきり見えるオススメの場所です。また、ゴジラ岩と名のつく岩は日本に数カ所ありますが、僕はウトロのゴジラ岩が一番ゴジラっぽいと思います。

キャンプ場から15分位、車やバイクを走らせれば、知床を代表する滝「フレペの涙」にもアクセスできます。ここは世界遺産センターも併設されており、知床の自然に関する無料の展示場の他に、アクティビティやトレッキング、ツアーの予約などもできます。

 

そこから更に15分ほど進むと、知床屈指の人気スポット「知床五湖」に到着します。ここでは知床五湖に映る知床連山の絶景が拝めます。各種トレッキングコースも充実しているので、是非知床の大自然を楽しみましょう!これぞ大自然のテーマパークです。

そして、そして、日本屈指の絶景山岳ワインディングロード「知床横断道路」もここからすぐの距離です。知床連山の羅臼岳に向かって伸びる、気持ちの良い高速コーナーの連続は、車好きやバイク好きの心を鷲掴みですよ!

f:id:sasu-rider:20170821212754j:plain
f:id:sasu-rider:20170821212750j:plain
f:id:sasu-rider:20170821212758j:plain
f:id:sasu-rider:20170821212800j:plain
f:id:sasu-rider:20170821212801j:plain
f:id:sasu-rider:20170821212752j:plain


 

いつ行っても癒される場所

このブログを書いていたら、今すぐバイクにテントを積んで、国設知床野営場にテントを張って、知床の大自然で遊びたくなりました(笑)もはや病気です!知床、本当にいつ行っても癒される場所です!決して大げさではなく、この世の楽園だと僕は思っています。

仕事が忙しくて疲れている方、日々のあれこれに追われている方、なんとなく満たされていない方、、、人生のたまの数日休んでも全然どうってことはありません、なんとかなります、誰も気にしてないです!

今すぐテントを持って、北海道は知床の国設知床野営場に行ってみませんか?きっと心から癒されますよ(バンガローでも良いですよ・笑)← 宿でもホテルでも。

f:id:sasu-rider:20170821223522j:plain
 

国設知床野営場
住所:〒099-4351 北海道斜里郡斜里町ウトロ香川
電話番号:0152-24-2722
キャンプ可能期間: 6月上旬~9月末
キャンプ料金:大人1人400円
公式HP:国設知床野営場



 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA