【最強のバイクロック?】BIGROWのディスクロック&ワイヤーロック

BIGROW(ビッグロウ) ディスクロック&ワイヤーロック ツインロック

こんにちわ、さすライダー(@SasuRider0420)です^ ^

 

今回はバイク用の、

オススメの盗難防止用ロックを、

紹介していきますね。

 

僕は、外車持ちになったので、

常に盗難のリスクがあるわけで、

あれこれ調べた結果、ついに、

理想のロックを見つけたのです。

 

そのロックの名前は、

「BIGROW ディスクロック&ワイヤーロック」

名前の通りの、合わせ技を持つ、

強力な盗難防止用バイクロックです。

 


BIGROW(ビッグロウ) ディスクロック&ワイヤーロック ツインロック

ゴツめのシンプルなロック


 

はて?いったい、何と何の合わせ技なの?

それはね、、、ディスクロックと、

ワイヤーロックの合わせ技です。

 

え?商品の名前通りやんって?

、、、もっと平たくいうと、

ディスクロックと、地球ロックが

同時にできちゃいます。

 

ディスクロックだけだと、車体ごと、

トラックで持って行かれる可能性がある、

地球ロックだけだと、

地球から切断されたら、そのまま走られちゃう。

 

だったら、どっちもロックしちゃえ(きらり)

 

そんな最強とも言える、

バイク用の盗難防止用ロックです。

 

ちなみに、ディスクロックも、

地球ロックも、同じキー1本で、

可能なんです。

 

BIGROW(ビッグロウ) ディスクロック&ワイヤーロック ツインロック

ディスクロックしながらーの!地球ロックなう


 
 
 

え?でも、、、地球ロックが切断されて、

トラックに乗せられたら?

 

盗人は、時間がかかるのを、

嫌うんです、そんな手間を踏むなら、

別な車体を狙います。

※100パーセント盗難を防げるロックはこの世に存在しません

 

地球ロックが出来ないときは自己防止機能になる

説明より画像を見て、

百聞は一見にしかずの法則で、

どんなロックなのかは、

分かったと思います。

 

要は、ゴツいディスクロックの部分に、

ワイヤー(チェーン)が連結できて、

そのワイヤーを、地球ロックに使えます。

 

これが、ディスクと地球ロックの合わせ技です。

 

しかし、ディスクはどこでも使えますが、

地球ロックは、物理的に、

使えない場所もあることでしょう。

 

BIGROW(ビッグロウ) ディスクロック&ワイヤーロック ツインロック

ゴツいディスクロックからワイヤーが伸びている




 

そんなときは、地球ロックワイヤーを、

リマンインドワイヤーとして使えます!

 

僕はよくやります、

ロックをつけたままの発進を(笑)

 

ゼルビスでは5回、GSでは既に2回。。。

 

 
 
でもでもでもでも、そんなのカンケーねー!

っと、勢いよく走り出す勇気はないので、

ロックがかかっていることを、

忘れないようにするのが、僕の悩みです。

 

そんな時に、役立つのがリマインドワイヤー機能。

 

地球ロックが出来ないときは、

ワイヤーを、車体のハンドルとかに、

引っ掛けて目立たせておく。

 

これで、自分でロックに気がつくリマインド効果。

 

BIGROW(ビッグロウ) ディスクロック&ワイヤーロック ツインロック

ロックしてる事に絶対気がつく


 

もちろん、地球ロック効果は、

なくなりますが、ゴツくて太いワイヤーなので、

見た目の「このバイクはロックしてる!」感が、

半端ないので、十分防犯効果はあります。

 

なので、僕のように、

愛車のロック解除を忘れて、

笑顔で愛車を発進させてしまう。。。

 

そんなライダーにも、

このロックはおすすめです。

 

ディスクと地球と、リマインド、

文字通り一石三鳥レベルです。

 
 

ロックがゴツいので持ち運びはイマイチ

ロックの強さを取るか、

携帯性を取るか、

この共存できない2つの要素で、

ロック選びは迷うわけです。

 

いくら強力なロックでも、

毎回外すのに苦労するようじゃ、

なんだかイマイチですよね。

 

かといって、見た目が弱々いいロックじゃ、、、

 

結論から言うと、

今回のBIGROWのロックは、

携帯性を捨ててる方です。

 

もちろん、持ち運びはできますが、

かなりゴツいし、重いので、

他の荷物とは、一緒にしたくない感じです(傷つけそう)

 

BIGROW(ビッグロウ) ディスクロック&ワイヤーロック ツインロック

頑丈でごつい分、重さは結構あります


 
 

 

幸い僕のGSは、積載に困らないバイクですが、

収納スペースが、少ないバイクは、

このロックを入れる場所を、

考える必要がありそうです。

 

あと、当然それなりに重いです。

 

かといって、ゴジラロックとかに比べれば、

それはそれで軽いですが、重いせいなのか、、、

Amazonでプライム会員でも、

送料が無料じゃないという弊害も(笑)

※2018年5月現在、プライム会員だと送料無料になりました\(^^)/

 

しかし、当然防御力と、

見た目の防犯アピールは間違いないです。

 

ディスクロック、ワイヤーロック、

各々でも、合わせ技でも使えますし、

ロックしたままの発車も防げます!

 

大型バイク、特に外車ユーザーは、

このロックに、投資する価値ありな、

おすすめのロックと言えます。

 
 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA