「北海道 砂川市」の公共施設とオススメのカフェ・飲食店のレポート

砂川市の公共施設とカフェ・飲食店について



こんにちわ、さすライダー(@SasuRider0420)です。

一時的にバイクを封印し、冬の北海道は砂川市にやってきた僕ですが、お陰様で毎日楽しい日々を過ごせています。

例えば3日間くらいの旅行なら「あぁ〜楽しいなぁ( ・∇・)」としか思わないですが、やはり「移住体験」となると「実際にここに住んでみたら、どんな感じだろう?」という観点で物事を見るようになってきます。

ということで今回は、実際に砂川に住む上では大切な公共施設と、それ以上に大切な(?)カフェや飲食店について解説していきます。

 

砂川市の公共施設について

砂川市の図書館
 
僕はぶっちゃけ、今まで公共施設というものを、あまり利用した事がありません、、、というよりも「興味が無かった」と言った方が正しいです。

なので、一般的な見方とは、ちょっと違った見方になることをご了承下さいませ。

ちなみに砂川市の公共施設は、無料で高クオリティの場所が多い印象を受けています。

 

砂川市の公民館・図書館

砂川市の公民館はとても綺麗で、誰でも利用できるラウンジや、軽食が楽しめるカフェ、さらにはフリーWi-Fiを完備しています。

また、通常の公民館としての設備の他に「郷土資料室」があり、ここでは砂川市の歴史や文化を学ぶことが出来ます。

これが結構見応えがあるのに、入場料は無料なので、砂川市に来たら、まずは足を運んでみて欲しい場所です。

 

砂川市の郷土資料室

無料なのに高クオリティな郷土資料室


砂川市の公民館

中の展示物は実に興味深いものばかりです


公民館の隣には、これまた綺麗な図書館が併設されているのですが、ここにもフリーWi-Fiが飛んでいて、棚で仕切られた「半ブース席」もあるので、僕のようなノマドワーカーのワークプレイスとしても活用できます。

本の種類も豊富で、北海道という場所柄なのか、自然や動物に関する図鑑が多い印象を受けました(妻は喜んで借りてました・笑)

もちろん、こちらも利用料は無料で、水曜日と金曜日は20時まで、他の曜日は18時までと開館時間が長いのも助かります(10時から空いています)

なお、毎週火曜日、月末、祝日、蔵書点検実施期間中(9月の1週間)、年末年始(12月28日~1月3日)はお休みです。

 

砂川市の図書館

静かで広く、暖房も効いていて快適です


砂川市の図書館

下手なシェアオフィスより快適です


砂川図書館

NTTフレッツのフリーWi-Fiが飛んでます


僕の自宅のWi-Fiより速度が早いです(笑)


 

砂川市立病院

地方に移り住むにあたって、病院の充実具合はとても重要な項目ですよね。

特に持病を持っていたり、定期的に病院に通う必要がある人にとっては、まさに死活問題です。

その点、砂川市には、大都市の総合病院顔負けの設備を誇る「砂川市立病院」があるので安心です。

 

砂川市立病院

かなり大きな建物ですよ


公民館のすぐ近くにある、砂川市立病院は、診療科目25科、総病床数498床を誇る大型の総合病院で、24時間対応の救命救急センターもあるので、近くでは結構な頻度で救急車が走っています。

また、最新の医療設備を揃えた「ハイブリッド手術室」などもあるので、地方の病院にありがちな「ここの病院の設備では無理なので、大きな病院を紹介しますね」という自体に陥ることがありません。

幸いにも、僕はまだお世話(?)になった事はありませんが、何かあった際は、近くに大きな病院があるというのは心強い安心材料です。

ちなみに、砂川の町を歩いていると、砂川市立病院の他にも、個人経営のクリニックが多い気がします。

 

砂川市地域交流センターゆう

砂川駅からの連絡通路で直結されている、市民の文化的な活動をサポートする立派な公共施設です。

広いエントランスホールでは、随時、芸術作品の展示などが行われており、ホールゾーンでは様々な催し物が開催されています。

他には研修室や多目的工房、パソコン完備のITルームなどがあり、砂川市民は低料金でこれらが利用できる上に、子供向けのミニ図書館やプレイルームなどもあるので、子連れでも気軽に利用することが出来ます。

僕が仮に砂川市に住んだら、ここでブログ・ライター教室なんてやってみたいですね(きらり)

 

砂川市地域交流センターゆう

とても広くて開放的な場所です


砂川市地域交流センターゆう

エントラスホールには芸術作品が展示されています




 

砂川オアシスパーク

砂川オアシスパークは「市民一人当たりの都市公園面積が日本一」である砂川市の、シンボル的存在の公園です。

夏は活き活きとした緑、冬は真っ白な世界とピンネシリ岳のコラボがとても綺麗です。

まるでヨーロッパのお城のような見た目の管理棟には、無料の休憩室があり、曜日によっては地元カフェの「CAFE MEDERU」さんがミニカフェを出店しています(MEDERUの説明は後ほど出てきます)

 

砂川オアシスパーク

お城のような管理棟が公園のアクセントです


公園内では、夏は散歩や釣り、サイクリングなどが楽しめますが、なんと自転車は無料で(!)レンタルすることが可能です(管理棟にて)

また、冬は名物のワカサギ釣りが楽しめますが、なんとこちらも無料で楽しめる上に、釣った魚のお持ち帰りも可能です(数の制限とかありません)

ただし、ワカサギ釣り用品のレンタルサービスはないので、そこは自分で用意しましょう。

 

砂川オアシスパーク

ワカサギ釣りは無料で楽しめます


砂川オアシスパーク

専用のテントを用意すればバッチリです


ワカサギ

釣れたワカサギは食べちゃいましょう


 

おまけ:ワカサギ釣りにチャレンジした動画



 

砂川市総合体育館と日の出運動公園

砂川市の住宅街にある「総合体育館と日の出運動公園」は、様々なスポーツが楽しめる公共施設です。

これが、よくある地方都市の寂れた運動施設とは大違いで、立派な体育館や陸上競技場、サッカー場やテニスコートまで完備しており、しかも砂川市民であれば、ほとんどの施設がなんと無料(もしくは格安)で利用出来るという神施設です。

 

日の出運動公園

冬は一面の雪に覆われた歩くスキー場になります(日の出運動公園)


冬は日の出運動公園が「歩くスキー場」となり、なんとレンタルスキーとストック、ブーツの用品一式を、、、まさかの無料でレンタル出来ます(つまり完全無料で楽しめます)

これには流石にビックリしたので、俗世にまみれた、常にお金のことしか考えていない僕は、思い切って聞いてみました「砂川市は無料の施設が多過ぎですが、一体どこで収益を得てるんですか?」と、、、そしたら「皆さんの笑顔のためにやってるんで、ビジネスはしないです(きらり)」と爽やかな笑顔で返されました。。。

た、大変失礼しました、、、(汗)それにしても、近所で無料で歩くスキーが出来るなんて、 僕が市民だったら毎日通いますね!

 

日の出運動公園

このセットが無料でレンタル出来るんですよ?凄くないですか?


日の出運動公園

歩くスキーはかなりの運動量ですが楽しいです(奥様ご満悦)




 

砂川市のオススメのカフェ・飲食店について

岩瀬牧場のジェラートショップ
 
砂川市は公園の他に、スイーツとカフェでも有名な町で、その名も「すながわスイートロード」という名の、僕のようなカフェ男子には堪らない場所があります。

しかし、実はカフェ以外の飲食店の数も多く、名物のポークチャップや美味しいラーメンを食べられるお店が点在しています。

そこで、僕が実際に行ってみた、砂川のカフェや飲食店の名から、特にオススメの場所を紹介していきます。

 

熱々サクサクのアップルパイ「ナカヤ菓子店」

出川哲朗の電動バイク旅バラエティ「充電させてもらえませんか?」にも登場したことがある、砂川の有名なお菓子屋さんです。

名物は1日最大2000個(!)売れると言われている「アップルパイ」で、常に焼きたての熱々が味わえるように、その日の状況に応じて作られています。

 

ナカヤ菓子店のアップルパイ

ここのアップルパイはマジで絶品です


実際に食べてみたところ、サクサクの生地と甘さ控えめのアップルの相性が絶妙で、素直に「美味しい」の一言でした。

また、アップルパイの他には「ナカヤぷりん」も人気で、夏は店の外のイートガーデンで食べることも出来ます。

しかし、冬は当然イートガーデンでは食べられないので「店内で食べてもいいですか?」と店員さんに聞いたところ、なんと、、、椅子とテーブルと水を用意してくれました(涙)

 

ナカヤ菓子店

とてもオシャンティな店構えです


ナカヤ菓子店
住所:〒073-0131 北海道砂川市東1条南10丁目2-13
TEL:0125-52-2575
営業時間:9:00~18:30
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日) 月1回火曜不定休

 

スコーンがうまうま「CAFE MEDERU」

隠れ家的な佇まいの、コーヒーとお菓子とものづくりのオシャレカフェです。

ここのスコーンは絶品で、付け合わせのジャムと生クリームを付けなくても、ほんのりと甘く、とても美味しいです。

コーヒーもまろやかで美味しく、落ち着いた雰囲気の店内でリラックスする事が出来ます。

 

cafe mederu

ここのスコーンは美味し過ぎです


店内には本や雑貨がたくさん置いてあり、思わず長居したくなってしまう雰囲気ですが、お店の席の絶対数が少ないので、混雑時は譲り合いの精神で利用しましょう。

また、営業日が「日・月・火曜日」のみとシビアですが、逆にそれがプレミア感を高めるのに一役買っています。

プラス金曜日は、前述の砂川オアシスパークに出張出店している場合があります。

 

CAFE MEDERU

雪が似合う隠れ家的なカフェです


CAFE MEDERU
住所:〒073-0141 北海道砂川市西1条南4丁目1-13
TEL:0125-74-5146
営業時間:10:30~18:00
定休日:水曜日から土曜日(週末や祝日は不定休あり)

 

こだわりのスイーツが味わえる「shiro砂川本店」

オーガニック化粧品メーカーの「shiro」の、カフェ併設1号店が砂川にあります。

ブランド名の「shiro」を基調としたおしゃれな店舗は、町の中でも一際目立つ存在で、お客さんも感度の高い若者が多い印象です。

僕と妻はここに、まるでスノーボーダーのような格好で行ったら、完全に浮いていました(笑)

 

shiro砂川本店

もちろん店内もおしゃれです


店内では、実際にshiroの化粧品に使われている、こだわりの素材を生かしたカフェメニューと軽食が楽しめ、僕はスムージーを頼むましたが、とてもまろやかで飲みやすかったです。

正直、若干相場は高めですが、この雰囲気と味なら納得という感じで、次は名物のパンケーキにチャレンジしたいと思っています。

ちなみに、もちろんですが、店内にはshiroの化粧品販売コーナーもあるので、彼女や奥様と行ったら喜ばれますよ(お高いですけど。。。)

 

shiro砂川本店

こだわりの素材で作られたスムージーうまうま


shiro砂川本店
住所:〒073-0141 北海道砂川市西1条南5丁目1-4
TEL:0125-52-9646
営業時間:10:00~20:00
定休日:木曜日(祝日の場合は翌日)



 

圧巻のポークチャップ「Cake&Cafe 笑飛巣(えびす)」

砂川名物のポークチャップが食べられる、住宅街にある雰囲気の良いカフェレストランです。

とにかく見た目のインパクトが凄いポークチャップは、なんと肉600g(!)の大ボリュームです。

これを一人で食べるか、二人で食べるかは、その日の胃袋と相談しましょう。。。

 

笑飛巣のポークチャップ

ペアにすると2人用のライスとスープとサラダが付きます(肉は600g)


ポークチャップの他には、カレーやパスタなどのメニューも人気で、全体的に値段が安くボリューミーな感じです。

また、エクレアやロールケーキなどのスイーツも人気で、こちらも普通のものより大きく、ガッツリ食いたいカフェ男子におすすめです。

ちなみに料金は前払い制なので、あらかじめ食べたいものを決めておくのがオススメです。

 

笑飛巣

おしゃれな外見の肉食系カフェです


Cake&Cafe 笑飛巣
住所:〒073-0137 北海道砂川市東7条南8丁目1番10号
TEL:0125-74-5868
営業時間:11:00~17:00
定休日:水曜日

 

ミシュランガイド北海道2017特別版 掲載店「麺屋たっか」

「ミシュランガイド北海道2017 特別版」の、調査員おすすめのお店(ミシュランプレート)に掲載された人気ラーメン店です。

味噌、醤油、塩ラーメンに合わせて、それぞれ異なる麺を使うという拘りのラーメン屋で、ぱっと見ラーメン屋とは思えない、おしゃれなお店の佇まいに期待が高まります。

 

麺屋たっか

のぼり旗がないとラーメン屋と分からない佇まいです


僕はトッピングを全部乗せの「たっかスペシャル」の醤油味を頼みましたが、肩ロースとモモ肉の2種類のチャーシューのボリュームが半端なかったです。

味は今までに食べた事がない新しい感じで、甘じょっぱい系のまろやかな感じでした(魚介スープです)

実はつけ麺も人気のようなので、次回は是非こちらにチャレンジしたいです。

 

麺屋たっか

ボリューム満点のたっかスペシャル


麺屋たっか
住所:〒073-0131 北海道砂川市東1条南10丁目3-9
TEL:0125-74-6185
営業時間:月・水・土曜日 11:00~14:30
火・金曜日 11:00~14:30・17:00~20:00
定休日:日・木曜日

 

岩瀬牧場 ファームレストランリヴィスタ ・直営ジェラートショップ

砂川の市街地からはちょっと離れますが、岩瀬牧場が経営するレストラン「リヴィスタ」と「ジェラートショップ」は、夏は行列が出来るほどの人気店です。

リヴィスタは、小高い丘の上にあるログハウスのレストランで、綺麗な景色を眺めながら、自家製のモッツァレラや牛乳を使ったパスタやピザが楽しめます。

ランチタイムはサラダとドリンク付きのお得なメニューがあるので、特にオススメですが、週末と夏の期間は混雑に注意です。

 

リヴィスタ

ログハウスのおしゃれなレストランです


ファームレストラン リヴィスタ

店内からはこんな美しい風景が見えます


ファームレストラン リヴィスタ

ランチメニューはオススメです


ファームレストランリヴィスタ
住所:〒073-0107 北海道砂川市一の沢237番地6
TEL:0125-56-2166
営業時間:11:30~21:00
定休日:毎週水曜日

 
リヴィスタの下には、同じく岩瀬牧場が経営する、人気のジェラートショップがあり、こちらも大人気の店です。

常時12種類前後のフレーバーを取り揃えるジェラートは、季節によっても種類が異なり、シングル260円、ダブル310円と安く、優しい味わいで何個でも食べれます。

僕はリヴィスタでランチをした直後にここに来ましたが、食後のデザートとして最高でした。

 

岩瀬牧場

リヴィスタと同じくおしゃれな店舗です


岩瀬牧場

ここのジェラートはマジでオススメです


岩瀬牧場ジェラートショップ
住所:〒073-0107 北海道砂川市一の沢237番地6
TEL:0125-53-5071
営業時間:9:00~18:00
定休日:年末年始

 

今回のまとめ

いやぁ〜砂川市は太りそうですね、、、じゃなくて、、、無料で高クオリティな公共施設と、多彩なカフェや飲食店があるので、住んで良し食べて良しの、とても良い場所だと思います。

あまり褒めちぎり過ぎると、それって移住モニターだからでしょ?と言われそうですが、何よりも本人が一番楽しんで気に入っているので、ここは騙されたと思って、是非一度砂川に来てみて下さい。

それも旅行ではなく、滞在で!(滞在しないと砂川の良さは分かりません)

ということで、砂川市では定期的に「すながわお試し暮らし」という移住体験希望者を募集しています(下記のリンク参照)


 

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA