四国一周ツーリング by R1200GS 買って良かった3つのアイテム編

雨ばかりの四国ツーリングで
恐らく小さい砂利や泥が

車体に付きまくった結果

帰宅後GS号が傷だらけになっていた(涙)

 

そんな、さすライダーだいちゃんです。

まるで中古のような状態です(最初から中古です)

 

気を取り直して、
今回は四国ツーリングに行くにあたって

新たに購入したモノの中から

こりゃ買って正解だったo(^o^)o

 

そんなモノを3個紹介しちゃいます!

 



 

ミズノ スイムタオル

ツーリングライダー、いや!

チャリダーでも、徒歩ダーでも、
いわゆるバックパッカー系(広い意味で)の旅人なら

ぶっちゃけ、悩みのタネの一つって

 

タオルじゃないですか?

 

旅の途中でお風呂入る

濡れる→すぐ乾かない→適当に入れる→臭くなる

そもそも、旅の間
洗濯が適度にできるか不明。

 

濡れたタオルの入れ場所
困りますよね、ジップロックとか使ったり?

 

で!そもそもですが
タオルって、結構場所とりますよね?

僕なんて、長期旅を繰り返してるので

タオル問題は結構切実でした。

 

100均で買って、捨ててまた買う!
これも一時期試してましたが、めんどくさい(笑)

高いタオルは扱いに困るし、、、

 

なんだよ!
乾きやすくて、洗濯不要で
安いタオル、しかも小さいの、この世にないのか?

この世はやっぱり残酷なのか?

 

こんなワガママなタオルなんて

、、、ありました!!(笑)

 

それがスイムタオルです!

 

簡単に言うとコンパクトで手頃な価格で
驚くべき速さで乾く、そんなに洗濯しなくても大丈夫

そんな夢のような
旅人向けに作ったでしょ?

と言いたくなる、素晴らしい商品です。

 

本来は名前の通り
水泳をやる方向けの商品ですが

それってつまり

水泳=常に濡れる=早く乾かないと困る!

そういう商品です。

 

とにかくコンパクト!
写真のように非常にコンパクトです。
収納ケースに入れると500mlペットボトル程度です。

バイク用のバックの中でも居場所に困りません。

バックパックや
大きめのウエストバックなら入ります。

 

コンパクトイズベスト for Rider


 

素晴らしい速乾性
もうとにかくコレです!

このタオル、
平常時はガッチガチに硬いです、

あ、下ネタじゃないですよ(ふふふ)

 

俺様は凄く
乾燥してますけど何か?

そんなレベルにガッチガチです。

 

通常はガッチガチ


 

しかし、ちょいと水につけると
柔らかいタオルになります、この変化がすごい。

ちなみに普通のタオルよりは若干硬めです。

 

でも、お風呂の後に
体洗って、髪を拭くには問題ないレベルです。

 

そして、体を拭きながら
だいぶタオルが、水分吸ってきたなぁ〜と思ったら

ちょいと2、3回絞ってください!

これで、ほとんど水分抜けます(笑)

 

これが水分を含んで柔らかい状態


 

ちょっと絞ると

最初のガッチガチから、水分を含ませて
柔らかくなった状態まで速攻戻ります。

 

なので、またすぐ体を拭けます!

タオルの大きさが、小さめなので
数回体を洗って絞る、を繰り返しますが

全然大した作業じゃないです。

 

そして、風呂上がり、きつく絞れば
もうほとんど乾きます、そのまま収納ケースに入れれば

数時間でほとんど水分がない状態か

カッチカチに戻ります。

 

多少水分を含んだまま収納しても

全然臭くなりません(洗濯サイクル遅くても問題なし)

 

これを見つけて
購入した時はマジで感激でした!

 

やっとこれで
タオルの呪縛から脱出できるって(笑)

場所取らないし、濡れても乾くし
臭くならないし、もうライダーにこそ、

旅人にこそオススメの、救世主です。

 

ちなみに男性は一個でも十分ですが

女性なら2個買った方がいいかもです(手頃な値段なんで)

 

僕は、もう一個買って
例えば、雨の日に濡れたバイクのシートを拭いたり

テントを拭いたりする、

雑巾用途でもう一個買おうと思ってます(絶対便利)

 

スイムタイル、まじオススメです。

 

地味な商品ですが、効果が激しいです。

 
by カエレバ
 
 



 

ムーンライトテント 2型

お次は、言わずと知れた
日本の、いや世界の

アウトドアのファンタジスタこと

モンベル様のテントです!

 

僕は過去に日本一周や
オーストラリア一周で

年間100日以上テントで寝てました。

なので、テントは結構拘りあります。

 

ここ数年は、妻と二人旅が多かったので
コールマンの3人用テントがマイフレンドでしたが

今回久しぶりに
ソロキャンプツーをするにあたって

新しいブツを購入した訳です(結果大正解)

 

ちなみに、ムーンライトは

1型〜5型?まで種類がありますが
ソロなら2型がいいと思います、

2型は2人用ですが
ライダーは荷物多いので、

基本は2人以上用のものがいいと思います!

 

収納がコンパクト
ムーンライトはいわゆる
ベストセラーな商品です。

昔からそんなに変わってません。

それは元々が完成された形だからです。

 

ムーンライトはそもそも
ソロキャンパー向けのコンパクトタイプのテントです。

バイク用のキャンプ前提のバックなら
または、キャリアがあるバイクなら

まず問題なく収納できる大きさです。

 

参考までに収納サイズは:約直径16×46cm
重さは2.8kgです(重さはちょいあります)

 

収納時の図


 

設営が早い!なのに中が広い!
ムーンライトと言うネーミングは
月明かりの下でも設営できるテント!だからです。

 

実際僕は、
事前に練習をすることもなく

徳島の現地でいきなり本番を試しましたが

あっさり設営できてしまいました。

 

時間にして10分程度でしょうか?

2回目からは5分もあればできます。

 

ショックコードで繋がれている
テントのフレームをパチパチっとはめていき

テント本体を、それに
「吊るすだけ」基本はそれです。

あとは、多少の
ジョイントを入れたり、ペグを打ったり

 

どの作業も簡単です。
確かに、これなら月明かりでも設営できるかも?

まぁ、僕はキャンプする時は

遅くても16時までには
キャンプ場INするライダーなので

多分その機会はないですが(笑)

 

最初から10分で設営完了


 

そして、こんな簡単に設営できるんだから

中はまぁ、狭いんだろうな、、、

と、思っていたら!良い意味で裏切られました。

 

僕は身長173cmですが、
足をまっすぐ伸ばせて寝れて

バイクに積んである荷物を

全部テントに入れても余裕の広さです!

 

これには驚きました。
流石にテント内で立つことはできないですが

着替えをする動きなら十分可能です。

 

最初に2型がオススメと言いましたが
小柄な人や女性なら、1型でも十分いけると思います

そのぶん重量も軽くなりますしね!

 

さすがモンベル様!
ファンタジスタは一味違います!

あ、前室は気持ち程度です(笑)

タープを併用するか、設営する場所を工夫すると良いです。

 

ベンチレーターで快適!
ご存知の通り
僕は今回の四国でかなり雨に祟られました(笑)

幸い、設営時には雨は降りませんでしたが

設営後に結構な雨が降りました、、、

 

が!ムーンライトは
もともと高温多湿な日本で快適に過ごせるように

ベンチレーターが優秀なテントです。

 

なので、今回初っ端から
雨キャンプを経験しましたが

テント内が蒸れたり、不快な感じは皆無でした。

 

もちろん今回は
気温が高くないのも原因ですが

この感じだと、夏の雨の時でも
クソ暑い時でも、快適だろうな!

と容易に想像できました。

 

ムーンライト!
伊達にモンベル様のベストセラーじゃなかったです。

 
by カエレバ
 
 


デュアルテックス3レイヤーレインスーツ

ここがバイクブログなのを忘れていました(笑)

ライダー諸君のみなさま!
お待たせしました!バイク用品の紹介です!

 

僕が長年お世話になっている
バイク用品メーカーの老舗、

ラフアンドロードのレインウエアです。

 

今まで使っていた
レインウエアがボロいのと、

ロゴがホンダなので、、、(笑)

今回の四国に合わせて新調しました!

 

着心地が最高!
レインウエアって
裏地がメッシュになってる事が多くないですか?

あれ、着るときに引っかかったり

肌触りがあまり良くないんですよね、、、

 

まぁ、雨の日なんで!我慢しろや!
そう言われれば、それまでですけど(笑)

このレインウエアは裏地もツルっとしています。

なので非常に着心地がよく
着るときも楽です!!

 

ツルッとした裏面


 

レインウエアは
基本ライジャケの上から着るので、

タダでさえ引っかかりますからね。

 

裏地がメッシュだと、どっかで噛んで破けたり
僕は数回経験あります(笑)

 

あ、レインウエアは
ライジャケより一個上のサイズを選んだほうがいい!

そんな意見もありますが、

これはライジャケと同じサイズで大丈夫です。

 

僕は今回、冬用のゴツいライジェケでしたが

レインウエアも
同じサイズで余裕で着れましたよ。

 

収納がしやすい!
やった!晴れたぁ〜!
どれどれ、カッパ脱ぎますか!

収納袋に、、、入らね〜〜(汗)

よくありますね(笑)

 

このレインウエアの収納袋は
いわゆる、ラッパ型です!

つまり入口が広くできている=収納し易い

 

ぶっちゃけ、
何で今までの商品はこうじゃなかったんだ?

そう叫びたくなるほど、収納が簡単です。

 

最初が入れば、
あとは押し込むだけですからね(笑)

 

入口が広いから楽々収納!


 

抜群の防水性
結局はレインウエアはここです!

いくら収納が良くても、
着心地が良くても、防水性が低いんじゃ話にならない。

 

今までどんなレインウエアを着ても

それなりの強さの雨の中を
ツーリングの距離を走ると

やっぱり最後は
ある程度浸水してたんですよね。

 

まぁ、こんなもんでしょ!と諦めていました(笑)

レインウエアなんて気休めでしょ!みたいな。
あ、ゴアテックスは試してないです(汗)

 

今回、ツーリングの期間が
ほとんど雨マークに変わった瞬間、

僕は「新しいカッパおわた( ^ω^ )」

そう、強く強く思いました(笑)

 

しかし蓋を開けてみると
毎日結構な雨の中、それこそGSのアベレージなので

それなりのスピードで走りましたが

全然浸水しませんでした(超感動)

 

こ、このカッパ、マジすげ〜!
思わずメットの中で独り言を言った回数数回。

もちろんGSというバイクが

そもそも雨でも濡れにくいスクリーンや
カウルの形状、その効果も多々あることは付け加えます。

 

が!この価格帯で、この防水性は
僕は神ってる!と断言します。

 

こりゃ神ってます!


パンツも着心地よし!


 

今回買ってよかったモノ中でも
ぶっちぎりで買ってよかったモノです。

そして、重要なポイントですが

見た目がカッコいっす!

 

黒もありますが、

個人的にはシルバーオススメですね!

 
by カエレバ
 
 

さてさて、
今回思いがけず、素敵なモノに恵まれたので

次回のツーリングも楽しみです!

 

濡れないカッパと、
濡れても大丈夫なタオルと

雨でも快適なテント!雨が待ち遠しいなぁ、、、(爆)

 

このブログを書いている人

日本2周、オーストラリア1周済み

放浪系バイク乗り「さすライダー」です。

 

愛車と共に終わらない旅に出る
そんな理想のバイクライフを目指し、

日々活動しています。

 

引きこもりだった僕が、バイクを通じて旅に目覚めた話⬇︎


 

バイクで旅をしながら仕事する方法

大好きなバイクで終わらない旅に出る!

そんな思いを胸に
僕が日々、試行錯誤しながら実践している

 

「仕事の仕組み作り」の方法を

無料のメルマガにてシェアしています。

 

メルマガの登録はここから簡単に出来ます(^ ^)
→ バイクで旅するメルマガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA