【空のF1】レッドブルエアレースに招待チケットで行った話(動画あり)

バイクで走り出そうとしたら
梅雨の足音が聞こえてきた、

晴れ男だいちゃんです。

 

先日、驚きの事態が発生しました。

「だいちゃんをエアレースに招待します」

BY レッドブル(きらり)

 

へ?エアレース?招待?

 

空のF1ことレッドブルエアレース!

小型の飛行機が
パイロンと呼ばれる障害物をくぐり抜けながら、

各々のコースタイムを競う

究極の3次元レース!

 

実は3年前から千葉県で開催されていて
毎回行きたいなぁ、、、と思っていたのですが

色々な事情で行けず、、、チケットもいいお値段だし、、、

そしたら、、、招待されました(笑)

引き寄せちゃいました!えへ。

 

具体的にはレッドブルフレンズという

参加型SNS企画で招待を受けました。

これはレッドブルが好きな方は
誰でも登録できるのでオススメですよ。

 

しかし、今回招待を受けたのは
僕のような庶民には、高嶺の花の

ランクの高い観戦エリアのチケット!
これは素晴らしい

チャンスを手に入れましたよ!

 

因みに高いチケットは30万とか(驚っ!)

そういう世界です。

レッドブルといえばこれ


会場に到着




 

とにかく楽しめる会場

絶好の観戦日和の当日(6月4日決勝戦)
招待チケットのおかげで

長蛇の列に並ばずに
入場できました(えっへん)

まずは担当者の方に会場の案内を受けましたよ。

 

エアレースの会場内は
まさにレッドブルワールド!

バイクや自転車が宙を舞い、
理解不能な動きをするダブルダッチ集団

ボールが友達すぎるリフティング人間、

綱渡りしながら飛ぶ人々

 

いわゆる天下一武道会ですね(笑)

頭がおかしいヤバい人たちが沢山います。

 

レースまで結構時間があったのですが

会場内の催し物が楽しすぎて
この時点で、既に満足感が高いです!

 

自転車が飛んでます


異次元ダブルダッチ


綱渡りしながら飛ぶ!


自転車はこんな風に乗りません


 

素敵なFORBエリアで観戦

エアレースの観戦チケットは
場所によって区画分けがされています。

一般の自由席から
リクライニングチェア付きのブース

シークレットな高額ブースまで、多種多様です。

 

僕は今回、その中でも
FORB AREAという、かなり良いエリアに入りました。

入り口に、イカツイ黒人SPがいる
まるで映画のような入り口でした(まじびっくり)

こんな体験をさせて頂いたなんて

レッドブルに足を向けて寝れないです(笑)

 

FORB AREAは完全に仕切られた
クローズな観戦エリアです。

綺麗なロケーションの絶好の観戦場所!

そしてなんと!レッドブルと、

レッドブルカクテルが飲み放題なんです!

 

僕は一切酒を受け付けない体質なので
レッドブルを飲みましたが、

妻はアルコールを多様に摂取していました!

昼間からアルコール飲みながら
素敵な観戦エリアでエアレース!

そうです、要はダメ人間を製造する場所です(笑)

 

さらにはFORBは専用トイレ、
フードコートも完備(2点無料)

この「特別扱い」感は、素直に気持ちがいいです。

 

僕は、今回招待でしたが

この内容を知った身としては

次回からは多少値が張っても
なんの迷いもなくお金を払うと思います。

 

FORBエリア入り口


このロケーション


レッドブル飲み放題カウンター


食事もついてます


セレブな僕




 

貴重なパイロン潜入ツアー

今回の招待チケットは
FORB AREAでの観戦の他に

あっと驚く隠し球も含まれていました!

それはパイロン潜入ツアーです。

 

パイロンとはエアレースにおいて

飛行機が旋回したり、くぐり抜けたりする
コースのガイドラインです。

設置型のアドバルーンみたいなものです。

 

それの、、、中に入りました(笑)

これは凄く貴重な体験らしく
英語で書かれた誓約書にサインが必須でした。

しかも、この体験ができるエリアは
FORB AREAのさらに上!

 

うん十万のチケットホルダーしか入れない

最上級エリア、つまりセレブの巣窟です!

 

このエリアに入ると
空気というか、明らかに何かが違います。

下界とは遮断された静かな世界。

庶民の僕は、パイロンに入る前に
この雰囲気で、既にお腹いっぱい状態(笑)

 

そんなお腹いっぱいの状態で
オールイングリッシュの説明を受けて

いざパイロンの中に入ると、、、

足元ふわふわの、無重力のような?
とても不思議な感覚に陥りました。

 

パイロンは飛行機が接触しても
機体が損傷しない素材で出来ています。

パイロンの方が速攻破ける感じですね。

そして破損した場合は
すぐ直せるように、継ぎ接ぎはジップで出来ます。

 

こんな巨大な物体が
ジップのつなぎ合わせで出来ているなんて

目からウロコでした!

 

なんか雰囲気違う


パイロンでか!!


ここからパイロンに入る


空気が抜けるので、一気に入る


パイロン内部の眺め


 

大迫力のエアレース!

肝心のエアレースですが
これはもう、百聞は一見にしかず過ぎますね!

 

物凄い爆音を奏でながら
小型飛行機が低空飛行で、パイロンの間を

スラロームのように駆け抜け

そこから一気に宙返りターン。

 

文字通り、手に汗握るレースです!

 

その、小型飛行機の動きたるや

え?誰かがプレステの
コントローラーで操作してるんじゃねーの?

と思えるほどに、スーパークイックです。

 

パイロンの間を抜ける時の
機体の上下左右の動きが、現実離れしています。

現実なのにCGじゃないの?と疑います。

 

とにかくこれは必見です!
僕は、空いた口が塞がりませんでした(笑)

 

エアレースは、2名ずつの組み合わせで
タイムを競い合うタイムレースです。

ただし、機体に10G以上の負荷がかかると

なんとその時点で失格です。

 

これは、パイロットへの

身体的な負担を抑えるとともに、

Gの制限がないと、機体の動きが
限りなく限界まで近づいてしまうので

恐らくレースが逆に

つまらなくなるからの制限だと思います。

 

僕は、このG制限は

サッカーでいう
オフサイド的なものと捉えました。

要は何でもありになっちゃうんですよね。

 

限られた条件の中で
最善の結果を出そうとするから

レースは面白いんですよね!

 

物凄い迫力!


かなりのスピードです




 

日本人選手優勝!これぞライブ!

今回のエアレースは

なんと!日本人選手の
室屋さんが優勝しました!

 

やっぱり母国の開催は、

どのスポーツもプラスに働きますね。

 

序盤のタイムこそ
全体の半ばくらいでしたが、

後半にベストラップを叩き出し

これが他の選手に
良い意味でプレッシャーを与えて

他国選手はミスを連発(ペナルティタイム加算)

 

見事優勝を決めてくれました!

室屋選手が優勝した瞬間の
会場内の盛り上がりたるや

普段おとなしい僕も奇声をあげて

ガッツポーズするほどでした(笑)

 

この一体感、このライブ感!

これぞ極上の体験ですね!

 

室屋選手優勝おめでとう!


物が溢れて、情報がタダで手に入る時代
だからこそ現代人は「体験」を求めてるんです。

音楽業界だって
CDは全然売れていないですが

ライブの売り上げは絶叫調です!

 

僕はレッドブルという会社が
世界中で熱狂的なファンを抱えているのは

きっと素晴らしいライブ体験を

シェアしているからだと思います!
今回本当に貴重な体験をさせて頂きました!

 

室屋選手、本当におめでとうございます。

ありがとうレッドブル、ありがとうエアレース!

 

来年も絶対見ます!

 

※6月7日追加【エアレースの動画を作ってみました】


 

バイクで旅をしながら仕事する

大好きなバイクで終わらない旅に出かけたい!

そんな想いを胸に、僕が実践している

 

「仕事の仕組み作り」の方法を

 

無料メルマガにて解説しています。

メルマガの登録はここから簡単に出来ます(^ ^)
→ バイクで旅するメルマガ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA