東京モーターサイクルショー2017

どもです
さすライダー、だいちゃんです(^ ^)

 

3月24日
年に一度のバイクの大博覧会!
東京モーターサイクルショーに

妻と行ってきました。

 

国内外のバイクが
ずらっと並ぶバイクのモーターショー!

つまりバイク馬鹿のお祭りですw

GS号でタンデムで到着


 

金土日と3日間の開催なので
僕はもちろん、平日をチョイス。

だって土日は混みますからね、、、

 

GS号の後ろに妻を乗せて
いざ会場へ!最近妻はタンデム専門です。

まだ胸のあたりが痛いようでして、、、

 

因みに平日でも
それなりに混んでましたw

これが週末だとおそろしい、、、

平日でこれですよ




 

あれ?軽くてコンパクト?

国産4大メーカーに外車!

いろんなバイクに
ニヤニヤしながら跨りまくり

 

そこで気がついたことは!

デカイGS号に慣れたせいなのか
ほとんどのバイクがコンパクトに思えました。

しかも軽く感じる!

 

これでさえ、なんか余裕


250ラリーカッコいいですよ!


 

以前は、大型バイクにまたがる時は
意を決して、おっかなびっくり跨ってました。

しかし、どれも余裕
というより意識せずに普通に跨がれました。

 

そういう意味では

大きなバイクに乗ると
心に余裕が生まれるかもしれない。

GS号だと(大きさのせいもありますが)
渋滞でも、すり抜けする気にならない。

まぁ待ちますか!
って感じの心構えです。

 

新型GSにまたがるの巻


 

ビジネスも
難しいところ(バイクで言えば大型)

から始めると

他は、案外いけちゃったりする。

 

心に余裕が生まれる。

そういう意味では
バイクとビジネスは似てるかもしれません。

 

念のために書きますが
排気量至上主義じゃないですからね。

大型バイクオーナーになった個人的な考察です。

 

因みに国産では
YAMAHAのMT-10(めちゃイケメン)

外車はKTMの
DUKE125がお気に召しました。

 

とても125ccとは思えない
立派な車格ですし、近未来的なデザイン。

MT-10鬼かっこいい


足つき良好です


DUKE125は近未来感漂う


か、カオナシ?1290アドベンチャー




 

女性ライダーの期待の星現る?

背が低くて、
大きなバイクに乗れね〜じゃねーか!

北海道をアドベンチャーバイクで
走りたいんだよ〜(涙)

と、普段嘆いている妻に

 

まさかの救世主が現れました。

 

スズキの新型
250ccアドベンチャーバイク!

Vストローム250です

これ、注目している方も多いのでは?

 

恐る恐る、展示車に跨る妻、、、

まさかの!足、、、届いたぁ(153cmです)
両足、つま先のツンツンですが、


まぁ乗れるでしょう。

 

この足つき(両足着地)


 

これは、アドベンチャー系に憧れる
小柄な女性ライダーの

救世主じゃないでしょうか?

 

因みにVストは
1000も650も前モデルよりは
足つき良かったです。

僕は173cmと、ライダーとしては
恵まれた身長(しかも足が長い)ので

どれも乗れちゃいますけど(嫌なやつw)

 

同じく250ccアドベンチャーの
カワサキのヴェルシス250は、

残念ながら、妻は足が届かなかったです。

しかし、こちらは逆に言えば
車格がカナリ立派です、さすが漢カワサキ!

 

250とは思えない車格


700GSも153cmでは足が届かず


GS号とVスト号、
夫婦で、ダブルアドベンチャーバイク

これ、僕らの究極形態かもです?

多分旅に出て
帰ってこない気がします、、、w
 



 

バイクは見るだけでも最高

モタサイ、非常に満足でした!

興奮しすぎて
帰りは、ぐったりでしたw

 

いやぁ〜バイクって

見てるだけでも、本当に楽しいですね!

これは期待です!X-ADV


CBR2500RR、これはイケてます


ディアベル、僕の場合、乗られてる感じw


GSXコンビネーション


GSX-S750、コンパクトです


 

因みに、1日たっぷり
色々なバイクを見て、跨って

僕が最後に思ったことは、、、

俺のR1200GS号が!
この世で一番カッコいいぜ(きらり)

 

ライダーならこれですよね!
結局は自分の愛車が一番(えっへん)

いよいよ春到来!

バイクシーズンの幕開けです!


 

ブログの更新をお知らせ!
さすライダーLINE@(登録無料)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA