モノより体験が大事

こんにちわ
最近あまりバイクに乗れていない

いや、なぜか乗ろうとすると
乗れない理由が発生するw

さすライダーこと、だいちゃんです。

 

先日、羽田空港に行きました。

因みに旅ではなく、工場見学で!

 

僕は今でこそ
ANAのマイルを貯めていますが

それまでは
めっちゃ溜まりにくい

JALのマイルを貯めてました。

 

ある意味、JALのマイルを
普通に貯めた自分凄い!と思いますw

 

だって、ANAのマイルを貯め始めたら

始めて3ヶ月で
ワイハーを「ビジネスクラス」で

往復できるマイル貯まりました(汗)

 

余ったマイルで工場見学

今年の1月、
宮古島行きのフライトで

JALのマイルを使って、タダ飛行機しました。

そしたら
中途半端にマイルが余りましたw

 

飛行機に乗れるマイルでもなく
ポイントか商品に変える気もせず、

どうしよう?と思っていた時

 

あ、確かJALの工場見学が
マイルで出来たはず!

それに気がついて
余ったマイルを全て使うことにしました。

因みにこれです
https://www.jal.co.jp/kengaku/

 

 

僕が参加したのは
夕暮れにJALの工場を見学できる

ナイトサファリツアー!

因みに完全予約制の
人数限定ツアー(毎回満員)

 


いざ羽田空港へ

空港と飛行機が好きで
混んでる駅と、混んでる電車が嫌いな僕は

車で羽田に行きました (笑)

 

ぶっちゃけ電車賃の
往復より安かったりします。

参考:
船橋→羽田は電車の往復約2000円
羽田空港1日駐車→1500円(案外安い)

因みにバイクは1日500円です。

 

早めに空港に行って、
空港でまったり過ごして
カフェして^ ^

羽田って飛行機乗らなくても
めっちゃ楽しいですね!

 

そして、いよいよ夕方
JALの工場見学スタート!

最初は一般見学ブースにて
スライドを見ながら、口頭にて

色々説明を受けました。

 

実に興味深い話で全く飽きません。

因みに今の飛行機(一般的な)の
燃費ってどれくらいだと思いますか?

「1秒」につき、、、

ペットボトル1本分の燃料が必要なようです。

 

もはや想像の域を超えてますね(笑)

 

華やかな空港内


飛行機が見えるカフェ


見てて飽きない景色


 


VIPな飛行機発見!

工場の奥の方になんと!
日本政府の飛行機がドック入りしてました!

アメリカで言えばエアフォースワンです。

 

防衛省の管轄です!

JALの整備の人でも
許可された人じゃないと

近くに寄ることさえ出来ない厳戒態勢ぶり。

 

超でっかくて、しかも美しい!
思わず見入っちゃいました。

因みに客室が2階建てです。

 

停まってること自体が
レアらしいので、ラッキーでした!

妻は興奮しすぎて
ハァハァしてましたw

 

巨大な格納庫に巨大な飛行機、
格納庫から見る空港の夕景

富士山も見えちゃったり。

 

かなり非現実な場所でした。
気分はアルマゲドンみたいな。

こういうシーンあるよね的な!

 

凄く良い体験が出来ましたよ。

あ、残念ながら工場内の写真は
ブログにアップ禁止です(涙)

 

JALの整備センター


計器の多さに驚くの巻


滑走路のすぐ横


 


モノより体験

最近よく思うのは
モノより体験ですよね!

僕はかつて
スーパー物欲野郎でした。

 

今でも物欲はありますがw

なるべく、
本当に欲しいものだけ
買うようにしてます。

 

それよりも旅だったり、

美味しいご飯だったり、
今回のような体験だったり

もちろんツーリングだったり!

大切なのは
モノより体験だなと!

 

モノは消費するだけですが

体験は自分の世界と
感性を広げてくれて

思い出もできるし、廃れることもない。

 

体験こそが、自分の大きさを
広げてくれる、唯一のものだと思います。

 

それこそ、
ビジネスにも100パープラスです。

情報配信を生業としている
自分としては、情報の鮮度が上がるというか

アウトプットが鮮やかになります。

 


バイクは体験を買っている

モノより体験と言いながら
だいちゃん、大型バイク買ったやん!

ナイスツッコミありがとうございます(笑)

 

確かに僕は
新しいバイクを買いましたが!

結局は
バイクというモノ(もとい相棒)が

僕に与えてくれる
沢山の体験こそが

僕の宝物だったりするわけです。

 

風をきって走るという感覚

見聞が広がるツーリングという旅

バイクを通じて生まれる人との出会い

 

バイクというモノを
通じて得られる「体験」こそが

バイクの魅力であり、
僕が求めているものです。

 

つまり僕は「R1200GS」という
新しい相棒が、与えてくれるであろう

素晴らしい体験の数々!

実際は、これを購入したわけです。

 

これからも沢山の体験を通じて
自分という人間の間口を広げていこうと思います。

 

 

ブログの更新をお知らせする
さすライダーLINE@(登録無料)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA