【カーシェアのAnycaのススメ】登録からトラブルまで実際に使ったみた感想

Anyca

バイクが大好きだけど、

車も好きだったりする。

 

そんな、さすライダー改め、

さすカーダー、だいちゃんです^ ^

 

今話題の、個人の車を借りたり、

貸したりできちゃうサービス、

DeNAの「Anyca」を使ってみました。

 

あ、Anyca=エニカと呼びます。

エリカ様じゃないですよ。

 

ん?エニカ?一体どんなサービスなの?

 

ってことで、実際に使ってみた、

あれこれをシェアしちゃいます(きらり)

 



 

個人間カーシェアサービスのAnyca(エニカ)とは

Anycaとは、一言で言うと、

個人間のカーシェアサービスです。

 

最大の特徴は、

企業の車を借りるわけではなく、

はたまた、貸すわけでもなく、

個人の車を使うことです。

 

つまり、車を使いたい人は、

車を個人から借りれたり、

自分の車を貸したい人は、

借りたい個人に、貸し出せます。

 

これは、家を貸すAirbnb(民泊)、

駐車場を貸すアキッパ、

時間を貸すTimeTicketなどと同じく、

いわゆる、シェアリングエコノミーです。

 

そうです、車も個人間で、

シェアする時代なんです。

なんでもシェアる時代です。

 

シェアできないのは、

あなたのハートだけです(きらり)

 

Anycaは、2015年9月9日、

個人間カーシェアの先駆けとして、

DeNAが、はじめたサービスです。

 

Anyca

僕のリーフもAnycaで貸し出してます(PCで見た画面です)


 

Anycaの登録はアプリで簡単に出来る

Anycaは基本、スマホのアプリベースのサービスです。

 

まずは、iPhoneかAndroidで、

Anycaのアプリをダウンロードします。

ダウンロードと登録は無料です。


 

アプリのダウンロード後は、

名前や住所などの、

必要な情報を入力していきます。

 

まずは、ドライバーとしての登録、

つまり、借りる側の登録です。

 

車を貸し出す方、

オーナー側の登録は、

車や車検証の登録もあるので、

やや時間がかかります。

 

なので、まずは、

ドライバー登録だけして、

アプリを見てみることがオススメです。

 

実際にAnycaで車を借りてみる

ドライバー登録が終わると、

Anycaに登録してある、

数多くの車が見れるので、

車好きなら、それだけで楽しいです。

 

軽自動車からスポーツカーまで、

国産はもちろん、外車もあります。

 

ちなみに僕は、電気自動車の、

日産リーフを登録しています^ ^

 

これが、個人カーシェアの最大の魅力で、

レンタカーや、企業のカーシェアでは網羅できない、

あらゆる車から選ぶことができます。

 

Anyca

色々な車を見ているだけで楽しい(画面はPCです)


 

シェアは1日単位なので、

シェア料金も1日単位の料金です。

 

例:1日と8時間借りる=2日分の料金

 

車の写真や説明文、

装備、シェア価格を一通り見て、

気になる車があったら、

オーナーにコンタクトを取ります。

 

Anyca

車種や装備、価格などを吟味して借りたい車を選ぶ


 

例えば、借りたい日程や時間、

車の受け渡し場所などを、

アプリ内のメッセージで、やりとりします。

 

そして、お互いの条件が合致したら、

そのまま予約、後は当日借りるだけです。

 

料金はカーシェア後に、

自動的にクレジットカード決済されるので、

借りる方も貸す方も安心です。

 

ただし、ガソリン代だけは、

双方の話し合いで決めます。

基本は満タン返しになるでしょう。

 

Anyca

こんな感じで予約が入るので、個別にメッセージでやり取りをする


 

ちなみに、Anycaは、

借りる方も貸す方も、評価制度があるので、

極端に評価が低い人は、

避けたほうが無難です。

 

あまり評価が悪い人、

見たことないですけど(笑)

 

あ、僕は当然優良オーナーですよ(きらり)


 

Anycaの車は東京海上日動の保険が付いている

個人間で車を借りる場合、

一番心配なのは事故ですよね。

 

貸す側としても気になるところです。

 

結論から言うと、

Anycaの車は予約が確定した時点で、

あとはシェア時間に自動的に、

任意保険が付与されます。

 

しかも保険は、あの大手の、

東京海上日動の保険がつきます。

もちろん対人・対物無制限です。

 

Anyca

予約確定後は保険が自動的に付帯される


 

車両保険も付いていて、

免責金額は10万円です。

 

保険は車を運転する上で、

一番大切なものなので、

当然ココはしっかりしています。

 

Anycaの車の受け渡し場所と時間返却

当日の車の受け渡しは、

完全にオーナーと、

ドライバーの話し合いベースです。

 

受け渡し場所として、

自宅を指定する人もいますし、

駅や公共の施設、コンビニやスーパー、

仕事の帰り道などの人もいます。

 

時間も一般的な時間はもちろん、

深夜や早朝対応などは、

あくまで話し合いベースです。

 

受け渡し場所や、時間は、

車の説明文に、書いてあることが多いです。

 

しかし、聞くのはタダですし、

質問されて嫌なオーナーはいないので、

借りたい車を見つけたら、

まずは聞いてみましょう。

 

借りる際は、オーナーから、

車の操作方法などの説明もあるので

何事もそうですが、

当日は、時間に余裕を持って行きましょう。

 

返却場所や時間も、

貸し出し同様に、相談ベースで決めます。

 



 

Anycaで車を登録する(オーナー側)

Anycaを利用する上で、

多くの人が知りたいのは、

ドライバー側より、

オーナー側ではないでしょうか?

 

何より僕自身、自分の車を貸せる?

そこに一番興味を持って、

Anycaに登録しました。

 

さて、オーナー登録は、

ドライバー登録に次いで、

車の登録が必要になります。

 

具体的には、掲載する車の写真、

車検証、説明文、装備類の確認などです。

 

写真さえ撮れば、後は入力作業なので、

時間は多少かかりますが、

全然難しくはありません。

 

Anyca

こんな感じで車を登録する


 

ちなみに、この手のサービスで、

最も重要なのは、写真です。

 

なので、愛車のカッコいい写真を、

気合いを入れて撮りましょう。

 

最後に、車を貸し出す日は、

もちろん自分で決められます。

 

貸し出しカレンダーに、

バツをつけた日は、

ドライバーは予約ができません。

 

Anyca

カレンダー機能で予約は制限できる


 

なので、Anycaでの、

愛車の貸し出しに興味があるなら、

とりあえず登録して、

カレンダーを全部バツにしておくのもありです。


 

Anycaで実際に予約が入ったら?稼げるの?

自分の愛車にシェア予約が入る、

はじめてだと、結構ビビります。

 

自分で登録をしておきながら、

実際、予約が入るとビビる、

そうです、僕のことです(笑)

 

まず、ドライバーさんから、

◯日の◯時から、◯日の◯時まで借りたい、

とメッセージが入ります。

 

その日に貸し出しがOKなら、

必要な情報を、お互いに話して、

大丈夫なら予約を承認します。

 

もちろん、この時点で、

予約を断ることもできます。

 

つまり貸し出しは原則オーナーの自由です。

 

予約が入る=必ず貸さないといけない、

ではないので、ご安心を。

 

後は当日、ドライバーさんに、

指定の場所で愛車の説明をして、

では、お気をつけて〜♪です。

 

そんなこんなで、僕はだいたい、

Anycaで、月に1万〜2万円程度の利益が出ています。

 

Anyca

振込は月末締めの翌月末払いです


 

極めれば、10万とか100万、

そんな金額を稼いでいる人も結構います。

 

シェア料金が自分次第なので、

低い価格で回転率を上げるか、

付加価値をつけて単価を上げるか、

あれこれ考えるのが楽しいですよ。

 

そうです、楽しいです、ここ重要です。


 

愛車を貸し出してトラブルにならないの?

Anycaで自分の車を貸すとなると、

愛車に傷がつかないか、

ドライバーは丁寧に扱ってくれるのか?

 

やはり、そこが一番心配ですよね。

 

まず、Ancyaは個人情報を登録します、

さらに貸し出す際は、

お互いの免許証の写真を撮ります。

 

つまり、何かやましいことが発覚したら、

確実にバレますし、身元が割れてます。

 

ってか、その前にそんな人はいません。

 

Anycaを使う人は、

ドライバーもオーナーも、

基本、車が好きな人です。

 

車が好きな人は、

相手の車も大切に扱います。

丁寧に綺麗に使ってくれます。

 

実際、僕が貸し出した人は、

皆きれいに愛車を使ってくれています。

 

返却時に、リーフ最高でした!

なんて言われると、

最高に「きらり」な気分です。

 

例えば、車が好きすぎて、

1mm程度の傷も許せない、

と言う人は、さすがに貸すのは、

やめたほうがいいです。

 

しかし、基本は、

相手を信用して、気持ちよく貸せば、

全然大丈夫です。

 

まぁ、とは言っても、

やはり、トラブル時はトラブります。

 

車という、デカイブツを相手に貸すので、

たまにトラブル時もあります。

 

詳しくは、次の章をどうぞ(笑)

 

実際にAnycaでトラブルの機会に恵まれた

結論から言うと、最近、

ブログ執筆前に、ちょうどよく(?)

僕の車、貸し出してトラブりました。

 

もう、ブログのネタとして最高です(笑)

 

トラブルといっても、

ドライバーさんの自損事故で、

きちんと謝ってくれて、対応も完璧だったので、

僕としては、全然問題に感じていません。

 

今回のトラブルは、

ドライバーさんの自損事故で、

車のフロントバンパー右に、

目立つ傷がついたという事件です。

 

結論から言うと、この場合、

ほとんど、ドライバー側での対応になります。

 

具体的には、

警察や保険会社への届け出、

Anycaへの連絡などです。

 

なぜなら、オーナーは、

車を貸しているので、

つまりは運転していないので、

事故に全く関係がないからです。

 

オーナーとしては、車返却後、

愛車についた傷の写真を撮り、

Anycaのサポートに写真を送ります。

 

そして、Anycaがそれを確認、

写真を提携の修理工場に送ります。

 

Anyca

事故サポート対応中(修理見積もりが出ました)


 

すると、2〜3日後に、

Ancyaが提携している、

修理工場から見積もりが来るので、

それをアプリで確認して、修理を依頼する。

 

それだけで対応は終了です。

ビックリするほど簡単です。

 

実際オーナー側は、

ドライバー側から事故の報告を受けて、

返却された車の状態を見て、

Anycaに連絡をする。

 

繰り返しますが、これだけの対応です。

 

後は、修理会社が、

自宅まで車を取りに来て、

代車も貸してくれるので、

修理が終わるのを待つだけです。

 

修理代金は、免責10万円まで、

全てドライバー側に、

Anyca経由で請求されます。

 

僕の場合は、フロント右バンパー、

板金と塗装修理で、10万円ちょいでした。

 

なので、ドライバーさんに、

免責金額上限の、

10万円の請求がいきました。

ちょっと気の毒でした。。。

 

それはそうと、はじめは、

貸した愛車に傷がついたと聞いて、

かなり動揺しましたが、、、

 

その後の処理が、

あまりに迅速で簡単だったのには、

正直に驚きました。

 

修理から帰って来た愛車は、

前より綺麗で、変な話ですが、

なんだか嬉しかったです(笑)

 

はっきりいって、Anycaに関係なく、

車でトラブル(事故る)のは、

ぶっちゃけ、確率の問題です。

 

僕は、長年車を運転していますが、

当然ぶつけられたことも、

ぶつけたこともあります(人身じゃないですよ)

 

車に乗っていて、

今まで全く無事故な人なんて、

逆にきっとレアだと思います。

 

いわゆる「想定の範囲内(古っ)」ですね。

 

個人的には、今回の件で、

とても良い体験ができたと思います。

 

ドライバーさんは災難でしたが、、、、

 

Ancyaはサポートやイベントも充実している

前述の通り、この手のシェアサービスは、

写真が非常に重要です。

 

なので、Anycaでは、

なんと、プロのカメラマンに、

愛車の写真を撮ってもらえます。

 

しかも、料金はまさかのプライスレス、

つまりは無料です♪

 

日程と人数が決まっていますが、

機会が合えば、

絶対に撮影会に行くべきです。

 

僕も撮影会で、愛車リーフを、

実際に撮ってもらったところ、

まるで車雑誌のような、

素敵写真にビックリしました。

 

実際、予約の問い合わせが確実に増えました。

 

単純に、愛車のカッコいい写真を、

撮ってもらえただけでも大満足です。

家宝にします(笑)

 

インパネがカッコいい


これがプロの仕事です


LEAF

カッコよすぎるロゴの写真


 

さらに、僕はまだ未経験ですが、

Anycaではオーナー同士の交流会や、

サーキット走行会や、

カートレース大会などのイベントもあります。

 

どれもとても楽しそうなので、

次回、参加しようと検討中です。

 

これらは、ただ登録しているだけでも、

基本は参加OKなので(一部条件あり)

Ancyaは登録するだけでも楽しめます。

 

それと、Anycaは、

スタッフさんの対応が、

とてもいいです。

 

前述のトラブルの際も、

親切丁寧な対応で、

非常に助かりました。

 

これは、あくまで個人的な感覚ですが、

誰でも知っている大企業より、

こういうベンチャーや、スタートアップと呼ばれる会社の方が、

全体的に対応がいいと思います。


 

AnycaのまとめとEVの日産リーフ絶賛シェア中

Anycaは車好きなら、

絶対に登録すべきサービスです。

 

アプリを眺めているだけでも楽しいし、

レンタカーでは乗れない車や、

マニアックな車があるので、

絶対に借りたくなっちゃいます。

 

愛車を貸し出せば、

借りた人から感謝されるし、

それでお金も入るなんて、

まさにWinWinとはこのことです。

 

そして、最後の最後に、

宣伝します(どどーん)

 

僕は現在、電気自動車の、

日産リーフを貸し出しています。

 

電気自動車を体験したい人は、

絶賛貸し出し中です( ・∇・)

 

ガソリン代が0円、

ってか、ガソリンという概念がないので、

すごくコスパが高いですよ。

 

あとめちゃ快適です(低速は、ほぼ無音で走る)

 

そんな良い所いっぱいの、

僕のリーフは、Anycaで絶賛貸出中です(きらり)

 

そうです、今回の記事は、

これが一番いいたかったんです(笑)

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA