【LINEモバイル】SBのiPhoneからMNPした結果(料金やプラン 速度の実際の感想)

長年使っていた、ソフトバンクのiPhone、

思い切って「LINEモバイル」に変えちゃいました^ ^

 

バイク旅に欠かせないのは

バイク、テント、そしてiPhone。

 

どうも、モバイル大好き、さすライダーです。

自称、海外ツーリングで初めて、

iPhone(3G)を導入したパイオニアです(きらり)

 

この度、格安SIMの「LINEモバイル」を、

実際に契約してみた、方法や感想を、

包み隠さずシェアしようと思います。

 

なお、この記事の価格は断りない限り税別です。

 

格安SIMのLINEモバイルとは?

LINEモバイルとは、、、

なんと、あのLINEの、格安SIMのことです(どど〜ん)

では、記事を終了します。

 

めでたしめでたし\(^^)/

 

さて、説明しますね、、、

LINEモバイルは、いわゆる

格安SIMや格安スマホと呼ばれている会社です。

 

docomo、au、softbankなどの、

大手の通信会社の回線を「借りて」

通信サービスを提供している会社です。

 

その中で、LINEモバイルは

docomoの回線を借りている会社です(2018/2月現在)

 

つまり、LINEモバイルの通信エリア=docomoと一緒です。

 

LINEモバイル

LINEモバイルのSIMが届いたの図


 

格安SIMの会社は、

docomoの回線を借りている会社が、

ぶっちぎりで一番多いです。

 

その中でも、LINEモバイルは、

2016年9月にスタートした遅咲きの会社です。


 

LINEモバイルの注目ポイント「カウントフリー」

昨今、様々な格安SIMの会社が、

オリジナルのサービスで競っています。

 

格安SIMサービスの大事なポイントは、

月々のデータ量と価格のバランスです。

例えば月5GBで2000円とかです。

 

そんな中、LINEモバイルの1番のポイントは、

ズバリ「カウントフリー」です。

 

これは、LINE・Twitter・facebook・Instagram、

この4大SNSのデータがカウントフリー、

つまり月々のデータ量にカウントされないプランです。

 

LINEならトークや電話、

Twitterやfacebook、Instagramなら

タイムラインの表示や投稿など、

ほとんどの操作がデータカウント対象外です。

 

画像はもちろん、動画の投稿(閲覧)もカウントフリーです。

 

極端に言うと、SNSを100GB使っても、

データ制限がかからないと言うことです。

 

仮にSNS以外で、データ量のMAXまで使って、

通信速度が遅くなっても、

SNSだけは普通の速度(早いまま)で使えます。

 

これって、すごい事ですよね^ ^

 

カウントフリーで、さすライダーのツイッターが見放題( ・∇・)


 

だって、よくよく考えれば、

普段のスマホ使いって、

ほぼほぼ、SNSじゃないですか?

 

LINEでトーク、LINEで電話、

facebookのタイムラインを眺めてみたり、

Twitterで呟いてみたり、

女子ならインスタ映えが至上の喜びですよね。

 

あ、ちなみに僕はインスタライダーです(きらり)

 

SNSの利用が人一倍多い僕は、

この「カウントフリー」に惹かれて、

LINEモバイルを選びました。


 

LINEモバイルで使える端末とは?

くどいですが、LINEモバイルは、

docomo回線の回線を借りている、

格安SIMの会社です。

 

すなわち、LINEモバイルで使える端末は、

1:docomoのスマホ

2:SIMフリーのスマホ

3:softbankやauのSIMロックを外したスマホ

この3タイプに限られます。

 

1のdocomoのスマホは、

今、docomoを契約している人は、

そのままLINEモバイルが使えます。

※もちろん昔使っていたdocomo端末もOKです。

 

2のSIMフリーのスマホは、

家電量販店やAmazonなどのネット通販、

iPhoneならAppleストアで購入できます。

 

3のケースは、特定の条件を満たすと、

au、softbankのショップ、

又はMy au、my softbankのページから、

SIMロックを解除できます。

 

iPhoneの場合は「iPhone6s」以降の端末のみ、

SIMロックを解除できます。

 

なお、auとsoftbankのスマホの、

SIMロック解除の条件や方法は、

両社の公式ページや、

サポートセンターで確認できます^ ^

 

ちなみに僕はソフトバンクのiPhone7を、

SIMフリーもどき(ごにょごにょ)にして使ってます。

 

これは非常にマニアックなので、

また別の記事を書きますね(笑)

 

LINEモバイルの料金プラン

最も多くの方が選ぶプランは、

コミュニケーションフリープラン3GB:1690円です。

いわゆる、カウントフリーなプランです。

 

電話とSMSとネットが月3GB使えて、

SNSはデータカウント対象外で1690円。

 

大手キャリアの月々の料金平均が、

だいたい6000円前後なので、

これぞ格安SIMと言う価格です。

 

もちろん3GBじゃ足りない方は、

5GB、7GB、10GBプランもあります。

 

料金はコミュニケーションフリープラン、

5GB:2220円、7GB:2880円、10GB3220円です。

 

ただ、SNSのデータはカウントされないので、

大抵の人は今のデータ量より、

むしろ少なくなると思います。

 

僕はソフトバンクで、

毎月、平均5GB使ってましたが、

SNSの利用が多かったので、

LINEモバイルは3GBにしました。

 

そして、今のところデータ量は足りています。

 

電話の通話料は、格安SIMは通常、

話した分だけ課金されますが、

LINEモバイルには、話し放題オプションもあります。

 

月880円で、10分までの通話が、

回数無制限で無料になります。

 

しかし、そもそもLINE電話が、

データカウントなしで使えるので、

電話はLINE電話をメインで使えば、

実質通話料は時間無制限で無料です。

 

あくまで電話番号で電話したい方には、

オススメのオプションと言えます。

 

ちなみに、毎月ちょこっとだけ電話する、

と言う方は、LINEモバイルユーザーは、

無料で使える「いつでも電話アプリ」がオススメです。

 

これは通常30秒20円の通話料が、

30秒10円の半額になる無料アプリです。

 

標準の電話アプリと、ほとんど同じ感覚で使えます。

 

LINEモバイル

これが、いつでも電話アプリです


 

なので、LINEモバイルを契約する、

ほとんどの方は、コミュニケーションプランの3GBプランで、

通話は「いつでも電話アプリ」を使うことになるでしょう。

 

となると、結局は、基本料と通話代で、

月々1690円〜2000円前後に落ち着くと思います。

 

いやいや、スマホ自体ほとんど使わないし、

使ってもLINEくらい、いう方には、

LINEフリープランという、

驚きの500円〜のプランもあります。

 

Twitter、facebook、Instagramは除いて、

LINEのみ、データカウントフリー、

データ量は1GBと割り切ったプランですが、

低価格でスマホを使うことができます。

 

これでも、LINEのトークと電話が無料なので、

使い方によっては、かなりお得です。


 

LINEモバイルの通信速度は遅いのか?

LINEモバイルは格安SIMです。

何回もくどいですが、格安なんです。

 

なので結論から言うと、

docomo、au、softbankなどの大手よりは遅いです。

 

しかしこれは、当たり前の話で、

格安SIMの会社は、大手の回線を「借りている」会社です。

当然本家よりは遅くなります。

 

だからこそ安いのであって、

逆に言えば、大手が高いのは、

快適な通信が保てるからです。

 

高いのは高いなりの理由があります。

 

そこで、モバイルオタクな僕は、

LINEモバイル契約後に、

速度チェックを3回行いました。

 

LINEモバイル

割と混み合う22時の速度チェック、平均的な速度。


LINEモバイル

一般的に高負荷の18時の速度チェックは、やっぱり遅い。


LINEモバイル

空いてる10時の速度チェックの爆速


 

一般的に通信負荷が高い18時頃は、

やはり、3M程度まで速度が落ちました。

 

これは、YouTubeがギリギリ再生できるレベルです。

この辺りがおそらく、最も遅い速度だと思います。

 

しかし、それ以外は平均10M前後、

午前10時の計測に至っては、

100M以上と恐ろしい速度が出ました。

 

何かの間違いじゃ?と思いました(笑)

 

まぁ〜思った以上に気にならないですね。

流石に3Mの時は、ちょっと遅いなと思いましたが、

それ以外は特にストレスなく、快適に使えています。

 

一般的に言えば、10M前後の速度が出ていれば、

普通のスマホの使い方であれば、

速度の違いは分かりません。

 

朝や夕方の、通勤や帰宅ラッシュ、

電車内やショッピングセンター、イベント会場など。

 

回線が混雑する時間や、

多くの人が集まる場所を除けば、

至って快適に使えています。

 

最近は人が集まるところには、

大抵公共のWiFiがあったりしますので、

通信速度が遅いと感じた時は、

WiFiを使うのもありです。

 

LINEモバイルの契約方法

LINEモバイルの契約方法は

主に2種類あります。

 

1:新しく電話番号を取得して契約する(新規契約)

2:今使っている携帯会社から番号そのままで移動する(MNP)

 

いわゆる「機種変更」は、

LINEモバイルにはありません。

 

1はLINEモバイルにて、

新しく電話番号を取得して契約する方法です。

 

今スマホを持っていない人、

サブとして新たに1台持ちたい人にオススメです。

 

2は僕のように、例えばソフトバンクから、

電話番号を変えずに、LINEモバイルに移動することです。

これをMNPと呼びます。

 

※MNP=Mobile Number Portability

 

1も2も、初期費用として、

契約事務手数料3000円と、

SIM発行料の400円が初回かかります。

 

LINEモバイル

これがLINEモバイルのSIMです


 

2はdocomoから、auから、softbankから、

これが基本だと思いますが、最近は、

格安SIMから格安SIMへの移動も増えています。

 

この場合、docomoから移る人は、

今の端末でLINEモバイルがそのまま使えます。

 

しかし、auやsoftbankから移る人は、

前述したように、SIMフリー端末を買うか、

今の端末のSIMロックを解除する必要があります。

 

他社からLINEモバイルに移動する場合は、

今契約している会社で、

「MNPの予約番号」の取得が必要です。

 

これは、今の電話番号そのままで、

他社(LINEモバイル)に移る、

識別番号のようなものです。

 

MNP予約番号の発行は無料ですが、

実際に他社に移ると、

3000円の手数料が、移動元で課金されます。

 

ちなみに、前の会社の「解約」と、

LINEモバイルの「新規契約」が、

同時に行われますので、

前の会社の解約は不要です。

 

最後に、前の会社で2年間契約の、

解除料が発生するケースが多いと思いますが、

かかったとしても、1万円前後です。

 

LINEモバイルに変えれば、

平均的に、月2000円〜3000円くらいは、

今より料金が安くなるので、

最低3〜4ヶ月使えば、余裕でペイできます。

 

一番良くないのは、

携帯料金が高いな〜と思っていても、

何も行動せず、そのまま高い料金を、

払い続けることです。

 

移動するのが面倒かもしれませんが、

一度やってしまえば、

年間で数万円の節約です。

 

やらない選択肢は無いと思います^ ^


 

LINEモバイルの設定 他社からの切り替え APN

他社からLINEモバイルに変える場合は、

一時的に電話が使えない時間が発生します。

 

そう、、、たった2分ほど(笑)

 

以前は格安SIM会社への電話番号移動は、

1日〜2日程度かかっていました。

 

要はその期間、電話が使えないということです。

 

僕のように、電話をしない人はいいですが、

仕事などで電話を頻繁に使う方は、

1日電話が使えないのは死活問題です。

 

しかし、LINEモバイルは、

他社からの切り替えが2分で完了します。

玄関開けたら2分でご飯、どころか、

2分で携帯会社を変更できるんです。

 

具体的には、LINEモバイルを申し込むと、

1〜2日でSIMカードが自宅に届きます。

 

この時点では、

今契約してる会社の回線が、

なんら問題なく使えます。

 

次に、SIMカードを確認したら、

LINEモバイルのページから、

切り替えボタンをポチッと押します。

 

そうすると、前の会社から、

LINEモバイルへ、電話番号が自動的に移ります。

 

LINEモバイル

LINEモバイル(docomo)の電波掴んだー


 

この間は電話が一切使えませんが、

時間にして約2分です。

 

2分後に契約完了です、メールが届けば終了です。

 

もちろん2分は、僕の場合で、

あくまで目安ですが、

間違っても、5分はかからないと思います。

 

実際、こんなにあっという間に、

携帯会社が変わると、

今までの会社はなんだったんだ?と思います(笑)

 

LINEモバイル

1:回線切り替えを申し込み


LINEモバイル

2:2分後にあっさり切り替え終了


 

無事に会社を切り替えたら、

APNという設定をスマホに入れると、

ようやくLINEモバイルの電波が入ります。

 

APNは切り替え前に設定しても問題ありません。

 

ちなみにAPNは、iPhoneでもAndroidでも、

APN?何それおいしいの?状態でも、

全く問題なく、簡単に設定できるのでご安心を。

 

ちなみに、APNとは、

「Access Point Name」の略で、

契約している携帯会社の電波をつかむ、

アクセスプログラムのことです(ドヤ顔、きらり)

 

え?そんなの知ってる?

、、、((((;゚Д゚)))))))

 

実際に1ヶ月LINEモバイルを使ってみた結果(2018/4/3追記)

実際に、LINEモバイルを1ヶ月使ってみて、

データ量が3GBで間に合ったのか?

果たして、実際いくらの請求だったのか?

ついに判明したので、早速シェアします^ ^

 

結論から言うと、3月の料金は、

たったの1924円でした!

 

ソフトバンクの頃は、

だいたい、毎月5000円前後だったので、

3000円ほど節約できたことになります。

 

つまり、3000円 × 12ヶ月=年間36000円の節約

 

これなら、新しいバイクジャケットか、

アライか、SHOEIのヘルメット買えますね!

節約した意味がなくなりますけど(笑)

 

格安SIMに変えれば、絶対に安くなると、

理解はしていました、やはり実際の請求を見ると、

とても安かったです(笑)

 

電話の通話料は、通話料が半額になる、

無料アプリの「いつでも電話」を使って、

90円、だいたい4分半の通話でした。

 

恐ろしく安かった請求


 

データ量は、見事に3GBに収まっており、

ソフトバンクの時は、

5GBプランで、毎月ギリギリだったので、

つまり、2GBも節約できたことになります。

 

これは、もちろん、

SNSがデータカウントに含まれない、

LINEモバイル最大の特徴、

カウントフリーの恩恵です。

 

データの繰り越しもあるから、無駄にならないよ


 

逆に言えば、僕はSNSだけで、

毎月2GBも使っていた、

SNS依存症と判明しました。。。

 

みんな、いいね押して〜、押して押して、

押してくれないと死んじゃうよ〜(怖っ)

 

1ヶ月が30日なので、

1日平均100MBに収まっていれば、

最安値の3GBプランで収まるわけです。

 

あ、3GB =3000MBです。

 

毎日のデータ量は、随時確認できるので、

1ヶ月も使えば、自分がどれくらい、

データ通信をするのか、把握できます。

 

もちろん、3GBで足りない場合は、

5GBプランにしても、それでも、

月額2220円です(きらり)

 

1日の平均が100MBを下回れば、月3GBに収まります



 

LINEモバイルのキャンペーン

現在、LINEモバイルでは、

最初の2ヶ月間の利用料金が無料になる、

おいしいキャンペーンをやっています。

 

つまり、最初の2ヶ月は、

ちょっと多めのデータ量で契約して、

様子を見て、3ヶ月後に本来のプランにもどす、

これが可能なわけです。

 

例:最初は5GBプラン→実際3GBしか使わなかった

→3ヶ月目から3GBプラン(課金開始)

 

こんな風に、最初の2ヶ月を、

データ量のテスト期間として、

無料で試せるのでオススメです。

 

自分が今、どれくらいのデータ量を使っているのか?

 

それはLINEモバイル契約後に、

LINEモバイルとお友達になれば、

ワンクリックで教えてくれます。

 

LINEモバイル

LINEモバイルの便利サービス(データ残量確認をクリック)


LINEモバイル

今どれくらいのデータを使っているのか、すぐに教えてくれる。


 

これはLINEの特徴を生かした、

とても便利サービスです。

docomoやau、softbankのマイページの機能です。

 

この、2ヶ月無料キャンペーンは、

いつ無くなるのか不明なので、

早めに申し込むことをオススメします。


 

LINEモバイルは「使える」格安SIM

LINEモバイルは、

特に、SNSを使う方には本当にオススメです。

 

カウントフリーのプランを契約すれば、

SNSをガンガン見て、ガンガン投稿しても

それは全部プライスレス、いやデータレス。

 

でも、SNSに投稿するような思い出は、

ちゃんと、心のデータに刻んでおいてね(きらり)

 

料金も安いですし、速度もそこそこ出ます。

そして、前述した、データ量お知らせサービスに代表される、

LINEとの連携機能の数々が便利です。

 

大手の料金が高いと思っている方、

高いと思った時が、、、

つまり替え時は、今でしょ(きらり)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA