【藤原かんいちさんの写真展】旅は日常にも存在している件

こんにちわ、さすライダー(@SasuRider0420)です^ ^

 

先日、世界をバイクで、

何周もしちゃってる、

旅行家:藤原かんいちさんの、

渋谷の写真展に、なぜか着物姿の妻と行きました。

 

藤原さんは、小排気量バイクや、

電動バイクのパッソルなどで、

今まで何度も、世界をバイクで旅した、

バイク旅業界のレジェンドです。

 

ご夫婦で、バイクで旅をされるので、

僕らも夫婦ライダーなので、

勝手に、同じ風を感じます(きらり)

 

藤原さん夫婦と、さすライダー夫婦(妻が何故か着物姿)




 

テーマは「水」旅とバイクじゃない写真展

今回の写真展は、バイクと旅は無関係で、

日常にある水たまりや、水辺に映る、

一瞬の情景を、iPhoneの標準アプリで、

撮影した「水惑星」という写真展です。

 

どこにでもある、水たまり、

ちょっとした水辺、雨の後など、

そんな場所自体が、被写体なわけです。

 

そんな、日常の風景を、

これまた日常で使っている、iPhoneで撮ると、

こういう芸術が生まれるんだ!と、

驚きと衝撃を受けました。

 

あまりにびっくりしたので、

藤原さんに、これ凄いですね、

と、直接聞いてみたら、、、

 

普段から、先入観を持たずに、

身の回りのものに、目を向ければ、

そこには新しい世界があると、

本人が言っていました。

 

ちなみに、今回の写真展の写真の、

写真はありません(ややこしい)

見ることに集中していたので、

写真を撮るのを、忘れてました。。。

 

しかし、藤原さんの、

水の写真の数々は、インスタでも見れるので、

この記事の最後に、

リンクを載せておきますね^ ^

 



 

日常でも視点を変えれば旅はできる

普段、水たまりを見て、

皆さんは、一体どう思うでしょうか?

 

どうせ、ただの水たまりだろ、、、

というツッコミをする前に、

そもそも眼中にない、濡れるし邪魔なもの、

少なくても、僕はそう思っていました。

 

しかし、そこにも世界があると、

そういう見方をすれば、

新しい発見があるということです。

 

つまり、これは旅です。

旅とは、僕の定義ですが、

非日常に身を置くことです。

 

けれど、非日常は、

何も、バイクで世界を走らなくても、

身の回り、つまり日常にもあると。

 

世界をバイクで旅した、

藤原さんは、なるほど、

やはり日常でも、旅をしているんだなと、

妙に納得してしまいました。

 

この写真展は、4月15日まで、

開催しているので、興味がある方は、

ぜひ行ってみてください。

 

あ、藤原さんは毎日いるみたいですよ^^

※この記事を書いたのは2018年です。

藤原さんの写真展 -水惑星-
期間:4月7日(土)〜15日(日)
時間:12:00〜19:00
場所:ブロックハウス(渋谷区神宮前6−12−9)
公式ページ:www.kanichiphoto.com
藤原さんのインスタ:@kanichi_fujiwara

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA