【旅人必見の保存版】旅をしながら今すぐ稼げる7つのサービス

みなさん、こんにちわ^ ^

 

バイクで旅をするために、

今まで、何度も仕事を辞めている、

社会不適合者、さすライダーです(きらり)

 

しかし、もちろん、

そんなやり方は、長くは続かないので、

僕は今、これを目指しています。

 

それは、全ての旅人のドリーム、

旅先で稼ぎながら、終わらない旅をする、

これです、やっぱこれですよね。

 

旅先で稼いで、終わらない旅に出る


 

そして、その夢を実現するためには、

まずはそれを「実践して体験すること」が、

何よりも大切なんです。

 

人間という生き物は、

体験していないこと=イメージできないことを、

目標に掲げると、大抵失敗します。

 

なので、今回は、誰でも今すぐ、

最大限、リスクなく実践できる、

旅先で稼げる方法をシェアします。

 

ぜひ一度、旅先で稼ぐ体験をして、

旅先で稼ぎながら、終わらない旅をする、

この目標の、はじめの一歩にして頂ければ幸いです。

 

なお、今回紹介するサービスのほとんどは、

僕が今、実際に利用しているサービスです。

 



 

旅先で仕事ができるクラウドソーシングで稼ぐ

旅先で稼ぐ、つまりは旅先で仕事をする、

このフレーズと、一番マッチするサービスが、

仕事のマッチングサービス、クラウドソーシングです。

 

クラウドソーシングとは、

仕事を依頼したい人(企業)と、仕事が欲しい人を

オンライン上で、マッチングするサービスです。

 

事前の打ち合わせから、

実際の仕事、報酬の支払いまで、

全てオンライン上で完結するのが特徴です。

 

パソコン1台あれば、場所を選ばず、

どこでも仕事ができるので、

まさに、旅人向きのサービスと言えます。

 

僕は、クラウドソーシングの仕事を、

北海道のキャンプ場で、

こなしたこともあります。

 

キャンプ場でMacBookで仕事するの巻


 

例えば、雨の日とかは、

バイクで走っても仕方ないので、

北海道の大自然のキャンプ場で、

コーヒーを飲みながら、クラウドソーシング日和です(笑)

 

ちょっとした、旅費稼ぎから、

これだけで、会社員の給料くらい、

または、それ以上稼ぐことも可能です。

 

クラウドソーシングで、

最も一般的で、仕事の数も多いのは、

「ランサーズ」と「クラウドワークス」です。

 

この2つに登録しておけば、まず問題ないです。

 

両社はもちろん、登録は完全無料なので、

まずは登録してみることを、お勧めします。


 

実際にクワウドソーシングで体験した仕事の流れ

僕は今、クラウドソーシングで、

実際に、ブログの記事を書く仕事をしています。

 

なお、今から説明する流れは、

ランサーズでも、クラウドワークスでも、

実際の画面は違えど、同じ流れです。

 

ブログの記事を書いて欲しい人が、

クワウドソーシングのサイト上に、

仕事の案件を掲載しているので、

その中から、気になる案件を選んで、コンタクトします。

 

仕事の内容や納期、報酬などを確認して、

お互いの条件が合致したら、

晴れて、仕事として成立します。

 

まずは仕事を探す


 

次に、僕は納期までに、ブログの記事を書いて、

指定のフォーマットで、

クラウドソーシング上で納品します(例:ワード形式)

 

クライアントさんが、記事を確認して、

修正点があれば修正、OKなら納品完了、

あとは、クラウドソーシング経由で、

僕の口座に、報酬が振り込まれます。

 

クラウドソーシングの報酬の振込について

クラウドソーシング上で、

仕事を無事にこなしたら、

いよいよ、嬉しい報酬の受け取りです。

 

なお、報酬の振込に関しても、

ランサーズも、クラウドワークスも、

基本的には同じ概念です。

 

実際に、振り込まれる報酬は、

クラウドソーシング側に、手数料として

20パーセント引かれた金額が入金されます。

 

例:1万円の報酬=振り込まれるのは8000円

 

これは、仕事を受注する際に、

手数料込みか、手数料クライアント負担か、

よく確認しておきましょう。

 

報酬はこんな感じで管理される


 

報酬の振込は、嬉しいことに月2回、

毎月15日と、月末にありますが、

ここで、最も大切なのは、

振込口座を「楽天銀行」にすることです。

 

なぜなら、楽天銀行以外の口座は、

振込手数料が、540円かかるからです、

これは、かなり痛い金額です。

 

ちなみに、楽天銀行の振込手数料は108円です、

 

つまり、差額が432円、

振込が月2回なので、864円違ってきます。

 

864円って、下手すると、

初めの頃は、報酬が少ないので、

おそらく1つの仕事分の報酬が、

完全に消えてしまいます(笑)

 

楽天銀行は、メジャーなネット銀行で、

多くのネット系サービスの、

振込口座に、指定されていることが多いので、

旅先で稼ぎたい人は、登録しておいて損はないです。

 

クラウドソーシングの仕事について(ライターはオススメ)

クラウドソーシングに、

興味はあるけど、僕ブログ書けないし、、、

 

安心してください、履いてますよ( ・∇・)

そろそろ、このネタはやめますね。。。

 

今回は、あくまで例として、

僕が取り込んでいる、ブログを例に出しましたが、

クラウドソーシングの仕事は、かなり種類が豊富です。

 

ネット系サービスなので、

確かにブログなどの、記事のライティングの仕事、

プログラム系や、デザイン系の専門分野の仕事が目立ちますが、

反対に、誰でも今すぐできる仕事も、たくさんあります。

 

例えば、データ入力や、文字起こしなどの、

ちょっとしたPC作業の、軽作業的なもの、

アンケートや、新しいサービスのモニターなど、

探せば、いくらでも案件はあります。

 

まずは自分にできる案件を探してみよう


 

もちろん、今の本職の仕事が、

そのまま活かせる仕事があるなら

むしろ、登録しない理由がないです。

 

はじめは、報酬額を気にせず、

自分ができそうな案件を、

まずはやってみるのが一番です。

 

そのうち必ず、自分に合う仕事が見つかります。

 

手前味噌ですが、ブログなどの、

記事を書く仕事、つまりライターの仕事は、

かなりオススメの仕事です。

 

なぜなら、書くテーマが、

自分の好きなことなら、

絶対に書けるネタがあるからです。

 

例えば僕は、ツーリングレポート記事や、

バイク用品レビュー記事などの、

ライターの仕事を、クラウドソーシングでやっています。

 

旅が好きな人なら、旅系ブログ、

英語ができる人なら、和訳ブログ、

サッカーが好きなら、サッカー系の記事など、

探せば、いくらでも案件が出てきます。

 

好きなことを書くので、苦にならないどころか、

要求された文章量より、

はるかに濃い内容になって、

クライアントに喜ばれてます(笑)

 

え?自分で言うなよって?(きらり)


 

クラウドソーシングで「旅先で稼ぐ」体験をする

旅先の空いた時間に、PC広げて、

スマートにネット上で仕事する、

これって、ぶっちゃけ、

ちょっとキラリじゃないですか?

 

旅先で仕事する僕、、、っふ、決まったぜ(キラリ)

 

例えば、電車や飛行機の、

移動時間とか、待ち時間、

朝とか夜の、宿の時間とか、

旅先の隙間時間は結構あります。

 

旅先のカフェでも仕事可能


 

ツーリングライダーなら、

僕ように、雨の日に取り組むのが、

一番しっくりきますね^  ^

 

そんな旅先の、隙間時間を有効活用して、

旅先で稼ぐ体験ができるなら、

やってみる価値はあると思いませんか?

 

旅先で稼ぎなら、終わらない旅に出る、

そんな夢の、はじめの一歩を踏み出し、

極めれば、それが実現できる。

 

クラウドソーシングは、まさに旅人向けの仕事スタイルです。


 

旅をしながらシェアリングエコノミーで稼ぐ

所有する時代から、シェアする時代へ(きらり)

 

シェアリングエコノミー、

最近、テレビや雑誌、ネットなどで、

よく耳にするフレーズですよね。

 

そんな、シェアリングエコノミーで、

最も有名なのは、自分の部屋を貸し出す、

民泊こと、Airbnb(エアビーアンドビー)です。

 

日本では、まだ本格化してないですが、

配車アプリの「Uber」も、シェアリングエコノミーで、

もはや、海外旅行では欠かせないサービスです。

 

民泊は、部屋が余っているから、

借りたい人に貸すという、実に合理的な話で、

貸す側はお金が入り、借りる側は部屋がゲットできる、

要は、WinWinなサービスな訳です。

 

最近は、部屋に限らず、モノや時間、

空いたスペースなど、ありとあらゆる概念の、

シェアサービスが出ていますが、

これらを総括して「シェアリングエコノミー」と呼びます。

 

そして、このシェアリングエコノミーは、

旅をしながら稼ぐというテーマに、

実は、ぴったり当てはまるサービスなんです。

 

空いたスペースをシェアする「モノオク」で稼ぐ

モノオクは、例えば自分の家の、

空いているスペースや、倉庫などを、

物の置き場に困っている人に、貸し出すサービスです。

 

つまり「場所:空いてるスペース」のシェアです。

 

場所をシェアするだけなので、

何か作業をするわけでも、

特別なスキルが必要なわけでもなく、

ただ、利用者のモノを、置いておくだけでいいのです。

 

こんな感じで、空いたスペースが絶賛貸し出し中


 

例えるなら、郊外によくある、

物置用の貸し出しコンテナサービスを、

自分で運営できるイメージです。

 

しかも、コンテナを買うために、

先行投資をする必要はなく、

自宅や、空いているスペースを、

ただ、相手に貸し出すだけです。

 

つまり、サービスを始めるにあたっての、

リスクがほとんどありません。

 

その上、家の空いているスペースを、

資産として運用できるわけです。

 

そして、モノを置いておくだけなので、

つまり、旅をしながら稼ぐというよりは、

旅をしている間にも、

勝手に収入がある状態になります。

 

モノオクは、始まったばかりなので、

利用者は、まだまだ少ないですが、

サービスの需要があるのは明らかなので、

今のうちに登録しておけば、先行者利益になります。

※この記事は2018年4月に書いてます

 

僕は、早速アカウントを作って、

自宅の押入れの、余っているスペースを、

登録している最中です^ ^

 

あ、登録はもちろん無料ですよ。


 

使ってない車をシェアして「Anyca」で稼ぐ

次は、車を持っている旅人に、

おすすめの、シェアリングエコノミーです。

 

バスや電車、飛行機、

はたまたバイクで旅に出たら、

旅の間は、車はお留守番です。

 

じゃ〜その車、旅をしている間、

車が必要な人に貸しちゃう?

簡単に言えば、これがAnycaです。

 

つまりは、車をシェアするサービスです。

 

イメージとしては、レンタカーや、

カーシェアのサービスを、

自分で運営できる感じです。

 

Anyca

僕のリーフもAnycaで貸してます


 

1日単位で、自分が車を使わない日を、

あらかじめ、Ancyaのサイトに登録しておき、

その日に車を使いたい人が、予約を入れる。

 

車のシェア代金は、オーナーの自由で、

予約が入っても、実際に貸す出すか否かは、

オーナーの判断です。

 

シェア中は、東京海上日動の、

任意保険が自動付与されるので、

不意のトラブルがあっても、安心です。

 

旅行中、家でお留守番中の、

マイカーを貸すだけで、

旅をしながら、勝手に稼げるAnycaは、

車持ちの旅人と、相性がいいサービスです。

 

Anycaについては、別の記事で、

より詳しく解説しています^ ^

なお、Ancyaの登録は無料です。

【カーシェアのAnycaのススメ】登録からトラブルまで実際に使ったみた感想

2018.03.09

 

知識や経験をシェアする「ココナラ」で稼ぐ

シェアリングエコノミーは、

場所やモノなどの、具体的なものに限らず、

あたなの経験や知識もシェアできます。

 

ココナラは、あなたの経験や、

知識をシェアできるサービスです。

 

具体的には、知識や経験を、

情報として、文章や動画にまとめて、

商品として販売するサービスです。

 

例えば僕は、北海道で実際に泊まったキャンプ場を、

PDFの資料にまとめて、北海道キャンプ場ガイドとして、

ココナラで、500円で販売しています。

 

さすライダーのココナラの販売ページ


 

この僕の商品は、恐らく、

意外に感じたのではないでしょうか?

 

知識や経験というと、いわゆるビジネス系や、

専門スキルが需要がある、そんなイメージがわきますが、

実際は、全くそんなことはなく、

自分の好きなことや、趣味の知識や経験が売れるんです。

 

これは、シェアリングエコノミーの中でも、

「スキルシェア」という分野のサービスです。

 

スキルをシェアする、読んで字の如くですね(笑)

 

実際に、ココナラのサイトを見れば、

すぐに分かりますが、

ぶっちゃけ、何でも商品になります。

 

カラオケが上手い人は、カラオケが上手くなるコツ、

絵が上手い人は、絵を描く上での心得集みたいなもの、

旅行好きなら、旅のアイデア集とか、

野球が好きなら、上達する素振りの方法とか。

 

まさに、これからの時代のトレンド、

好きなことが仕事になる、

これを体験できるサービスが、ココナラです。


 

知識や経験を、文章や動画に落とし込んだり、

商品化する際は、手間と時間がかかりますが、

一度作ってしまえば、あとはココナラが、

勝手に集客して、勝手に販売してくれます。

 

つまり、商品が売れたら、

メッセージのやり取りをして、納品するだけです。

 

なので、旅の間に商品が売れたら、

空いている時間に、ココナラにアクセスして、

商品を渡すだけで、旅をしながら稼げます。

 

しかも、この記事を見てくれている方は、

旅が好きな時点で、ココナラで、

販売できる知識や経験が、既に存在しています。

 

例えば、おすすめの旅のスポット集、

旅の節約術、マイルの貯め方、語学講座、、、

ちょっと考えただけで、関連する商品が、

たくさん出てきますよね。

 

一方で、こんなの誰でも知ってる、、、

そう思うかもしれませんが、

実は、そこがミソなんです。

 

あなたの常識は、相手の非常識です、

そうでないと、スキルシェアというサービスは、

成り立つはずがないんです。

 

色々な知識や経験が売っています


 

例えば僕は、バイクをフェリーに乗っけて、

北海道に行けるなんて、当たり前だと思っていましたが、

そもそも北海道まで、フェリーでいけることすら、

知らない人もたくさんいます(今まで驚かれたこと多数)

 

なので、こんな知識や、こんな経験、

誰でも知ってる、、、と思うものこそ!

ココナラで、チャレンジするのがおすすめです、

それ、お金になりますから!

 

そもそも、売れなければ売れないで、

何も失うものはありません(笑)

先行投資や、モノの購入が不要だからです。

 

必要なのは、あなたの頭の中にある知識や経験です。

 

旅人こそ、旅というものの、

知識や経験が、最大の武器になります。

 

旅先で稼げる、というより、

旅自体が稼げる商品になる、

ココナラに是非チャレンジしてみましょう。

 

もちろん、ココナラの登録は無料です。


 

旅をしながらポイントサイト「ハピタス」で稼ぐ

ポイントと聞くと、どうしても貯めたくなる、

そんな、ポイント大好き日本人に、

ぴったりな稼ぎ方が「ポイントサイト」です。

 

ポイントサイトは、旅先で、

隙間時間にちょこっとやって、

さらっと稼げる、優秀な稼ぎ方です。

 

例えば、無料サンプルをもらったり、

会員サイトへの登録、クレジットカードを作ったり、

保険の面談をしたり、エステの体験をすると、

それに応じたポイントが貰えます。

 

こんな感じで様々な案件でポイントが稼げる


 

そして、そのポイントは、

最終的に現金にすることができます。

※Amazonギフト券などの、各種ギフトカードでもOK

 

つまり、ポイントサイトは、

ポイントを稼ぐと、お金が稼げます。

 

貯めたポイントは現金化できます


 

ポイントサイトは、かなりの数があるので、

どれをやればいいのか、迷いがちですが、

そんな中、僕は断然「ハピタス」をオススメします。

 

ハピタスは、数あるポイントサイトの中でも、

利用者数、案件の多さ、ポイント還元率などで、

ダントツで実績と信頼があるサイトです。

 

実際僕は、ハピタスをはじめて、

だいたい、2年くらいですが、

今まで30万くらいは稼いでいます。

 

それも、ほとんどは、

旅先の隙間時間にチョコっと、

1時間くらいの作業の、積み重ねです。

 

ビジネスをするわけでも、

文章を書くわけでも、商品を売るわけでも、

車や場所を貸すわけでもなく、単純に作業で稼げるので、

旅先で稼ぐ案件としては、最も手軽で難易度が低いです。

 

なので「旅先で稼ぐ体験をする」

という観点においては、

もっとも、オススメできるサービスです。


 

旅先で稼げる7つのサービスのまとめ

今回紹介したサービスは、

この記事のタイトルに書いてあるように、

登録したら最短で、今すぐ稼げる内容です。

 

どれも、PC1台あれば(スマホだけでも)

場所を問わず、どこでも出来る稼ぎ方なので、

実際に旅をしながら、お金を稼げます。

 

しかも、どれも登録が無料で、

もともとあるものや、自分の中にある情報、

作業で稼ぐ内容なので、

モノや知識への、新たな先行投資が不要です。

 

つまり、リスクがありませんし、

実際は旅先以外でも、日常の隙間時間でも、

出来るものばかりです。

 

終わらない旅を目指して行動しよう


 

2018年の旅シーズンは、これからが本番、

旅先で稼ぎながら、終わらない旅をする、

その、はじめの一歩として、

ぜひチャレンジしてみてください^ ^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA