「紅葉を見に行こうよう -奥久慈- PART1」間違っちゃって日曜日の旅

奥久慈


「紅葉を見に行こうよう -奥久慈- PART2」燃えるような紅葉

2017.11.24

ツーリングDATA
日時:2017年11月12日(日)
天気:晴れ時々曇り
走行距離:155km
旅のお小遣い:9636円
ルート:船橋→国道6号線→国道118号線→大子
宿泊地:丘の上のゲストハウス daigo house

 

そういえば今年の秋、まともに紅葉を見ていないなぁ。
ってことで、せっかく見るならメチャ綺麗な紅葉が見たい!ってことで教えてgoogle先生!

紅葉、関東、見頃、、、ポチリンコ、、、奥久慈?

恥ずかしながら、奥久慈という地名を知らなかった僕(本当に日本一周したの?)
場所は茨城の上の方、どうやら日本三名爆の「袋田の滝」がある場所らしい。

 

ならばこの時点で決定!何気に日本三名爆制覇していないし、紅葉満開らしいし、紅葉寺なる気になるお寺もある。
宿泊も良さげなゲストハウスで格安で泊まれる=行くなら今でしょ!

寒そうなので、先日購入した秘密兵器の電熱ベストを用意して、いざ出発!

【冬ツーリングの救世主】電熱ベストで365日がツーリングシーズンに!

2017.11.03

 

、、、暑いな(笑)11月中旬とは思えない暖かさ、GS号の気温計は15度を指している。

 

まぁ、寒いよりはいいよね、、、それにしてもやけに道路が空いてるな?首都圏の朝の幹線道路は混むのが定番なのだが?

ん?まさか、、、!!今日は、、、日曜日じゃん!!

曜日感覚のないフリーランス、平日にゆっくり旅ができるフリーランス、なのに無意識に週末に旅に出てしまうフリーランス(笑)

 

体の中にこびりついたサラリーマン気質はそう簡単には抜けないらしい、、、ぶっちゃけよくやります。

うわ〜紅葉の時期の関東の週末、絶対混むんだろうな、、、自然を見に行くのに人が多いとかマジ萎えるわ〜、行くのやめようかな?本気で考えてしまう、そんな幹線道路の朝。

 

だるい幹線道路をタラタラ走っていると、いつのまにか2時間経過、予定よりはいいペースで走っている。

それにしてもGS号はライダーに風が当たらず本当に快適である!北に向かってるので、それなりに寒い気温になってきたが、本当に全然寒くない。

 

そもそも冬のバイクが寒いのは気温が低いからではなく、冷えた走行風がどんどん体温を奪って行くのが原因だったりする。単純に気温が低いことに関しては、バイク用の冬ジャケットを買えば実はそんなに問題ではない、それより風を受けないことが大切なのだ。

そういう意味でアドベンチャーバイクのウインドプロテクションは、冬こそ最大の効力を発揮するのかもしれない(夏は逆に暑い・笑)

 



 

まずは名物料理をいただきます!

ようやくツーリングっぽい道に入ったところで、、、渋滞ですか?失礼ですがこんな田舎道で?

奥久慈のメインルート国道118号線、田舎の道路なのにメチャ渋滞している、、、帰りたい、、、渋滞と人ごみが何より苦手な僕はかなり意気消沈、、、不幸中の幸いなのは、完全停止ではなくスローペースで動く渋滞なことだろうか?

 

そんな悶々とした渋滞はちょっと走ると解消、と同時に山と川と紅葉!Ths is Japanese Touring な景色が目に飛び込んできた。

奥久慈

こういう景色待ってました




 

いやぁ良いですね〜待ってました!そして急げ!12時前にご飯するぞ、混む前に!

あらかじめリサーチしておいた「こんにゃく関所」にチェックイン、名前通りのこんにゃくと、名前にない湯葉が有名なドライブイン兼食堂なのである。

 

バイクの方はこっちです〜!バイクが案内された場所は、、、やば、もみじマークの車の斜め後ろやん、、、バイクに気がつかずバックして当たらないかな、、、こういう場所誘導するの辞めてほしいわ(汗)

端っこでいいから、店から遠くていいから、GS号は広くて気兼ねなく置ける、周りにもみじマークの車がない場所に置かせて頂きたい、、、が仕方ないか。

 

もみじクラッシュに怯えながら店内へ、混雑はしているがすぐに座れた!作戦成功(12時過ぎたら絶対もっと混む)お目当のこんにゃくと湯葉のうどんセットを注文!プルンプルンのこんにゃくとうどん、湯葉の食感とうどん、想像以上に素晴らしいハーモニーだった。

お店の前の綺麗な紅葉とGS号を写真に収めて出発!

こんにゃく関所

こんにゃくと湯葉とうどんのハーモニー




 

メインの袋田の滝にて渋滞に遭遇

さて、いよいよ「袋田の滝」これで僕は栃木の華厳の滝、和歌山の那智の滝と合わせて日本三名瀑をバイクで制覇したことになる!
はっはっは!やったね!そんなテンションが高い僕を一気に叩き落とす「袋田の滝」渋滞!なにこれ?

 

滝まで約2キロのところで停止、うわ〜マジですか、、、これだから日曜日は、、、(自分のせい)GS号が最も苦手とする低速ノロノソロ運転、、、キッツィ、、、早く滝が見たい、、、結局せまーい有料駐車場に案内され、またしてもイヤーな感じの狭い駐車場所。

狭いところ大嫌いです!プンプン!まぁ〜無事にたどり着けてよかった。

 

300円の入場料を払って「袋田の滝」へと続くトンネルIN!そこには外の車の渋滞といい勝負の、人の大渋滞が待ち構えていた、、、マジですか、、、帰りたい(涙)滝に行くまで30分程度かかるらしい、、、しょぼん、プンプン。

まぁ僕はいいさ、ただ今回曜日を間違っただけだ!

 

しかしどうだろう?

多くの人は平日満員電車、または通勤ラッシュの渋滞の中を走り、お昼休みは混雑する狭い店内、または社内の狭い休憩室でご飯を食べて、帰りは再びすし詰め状態の満員電車、もしくは帰宅ラッシュの渋滞道路、、、そして休日は混雑する観光地で渋滞、待ち時間が長い、、、、GWやお盆ともなれば更に当たり前のように大渋滞・大混雑、、、余計なお世話だろうが、それでいいのか?果たしてそれで?

そんなもんだと思えばそれまでだけど、そこに違和感を覚えないのは危険だと僕は思う。

 

毎日の満員電車が、毎日の通勤渋滞が好きならいいが、それが嫌なら、それにどう遭遇しないか考えて行動すべきではないか?諦めたらそこで試合終了、今の状態が良くなることは断じてありえない、自分で行動しない限りは!

と、ツーリング中になにを考えているんだ僕は、、、という考えを巡らせていたら、案外すぐに順番が回ってきた。

 

エレベーターを抜けた先の「袋田の滝」は、思ったより水量が少なく、想像していたものとちょっと違う様子、、、そして肝心の紅葉がそんなに無い(笑)

袋田の滝

トンネルを抜けると、、、


袋田の滝

そこには紅葉の袋田の滝が!




 

まぁ自然物は時期とか運に左右されるからね!晴れた日に袋田の滝が見れた!そしてバイクで日本三名瀑を制覇した!それで十分だ。

ちなみにエレベーターで行ける上の展望台より、下から眺めるような低い展望台の方が迫力があってよかった!

 

今度平日に、できれば直近で雨が降って水量が多い日にまた訪れたいものだ、奥様も連れてこようじゃないか。

袋田の滝

唯一紅葉が満開だった場所


袋田の滝

下からの方が迫力あるじゃん




 

フォロワーさんオススメの素敵カフェ

今日のメインディッシュに満足した僕は、このまま宿に行ってまったりしようか、どこかに寄って行こうか迷っていると、、、ん?ふと「僕のtwitter」を見ると、僕の今日の旅の呟きを見てくれたフォロワーさんが「ここのカフェオススメですよ!」と近くのカフェを教えてくれていた。

その名も遊森歩 (ユーモア) さん、、、オシャンティなカフェ、しかもオーナーさんがバイク乗りらしい!いいね!ちょうどコーヒー飲みたかったんですよ!

 

相変わらずついてますな、このタイミングでカフェの情報!カフェ男子行くなら今でしょ!(フォロワーさん感謝します)

googleマップさんを見ると、細い道の先にあるカフェのようで、おそらく今日の混雑とは無縁な気がする。

 

森の中を気持ちよくGS号を走らせて行くと、ログハウスの雰囲気の良い建物が目に前に飛び込んできた!おお!クラシックなモトグッチが!そしてNC700Xも!オーナーさんのバイクに違いない。

しゃれた店内でのコーヒーも迷ったが、バリバリのバイク冬装備で全然寒さを感じないので、紅葉を愛でながら楽しめるテラス席を陣取ることにした。

遊森歩

これはやばいカフェだ!




 

目の前に綺麗な紅葉、美味いコーヒー、そして「GSですか!憧れのバイクです!」というオーナーさんの嬉しい御言葉(オーナーさんのモトグッチも素敵すぎますけど)あぁ、なんていい場所なんだ!

とても素敵なカフェに満足、フォロワーさんに大感謝!こういう時間大好きです。

 

仲間とワイワイも楽しいだろうけど、やはり僕は一人で自由気ままに愛車と気の向くまま、時に静かな場所でコーヒーを飲んでゆっくり過ごす、、、そんなソロツーリングが大好きだ!と改めて実感した。

 

僕は自由が好きなんで、人に気を遣えないんですよね、そもそも遣う気がないですけど(えへへ)

遊森歩

最高過ぎる紅葉愛でるカフェ




 

とても快適な大子のゲストハウス

さて、今日という日に満足!宿に向かいますか!

奥久慈のエリア唯一の(当社調べ)ゲストハウス「丘の上のゲストハウス daigo house」さん。

 

予約サイトですごく評価が良くて、値段も一泊3240円と良心的なゲストハウス!冬は寒くてどうにもキャンプができないので、宿代をいかに減らすかがポイントだったりする。

そんな冬の宿は、僕はもっぱらゲストハウスか健康ランド、漫画喫茶をチョイスしている。

 

道の駅の近くにあるゲストハウス、とても立派で駐車場が広い(嬉しい)今日初めて堂々とGS号をドドンと駐車できて満足。

「こんばんわ、だいちゃんですか?」見るからに心優しそうな素敵なオーナーさんが出迎えてくれた。

 

聞けば岐阜の中津川出身で、岐阜を何度もツーリングしている岐阜好きの僕としては、旅の話で盛り上がってしまった。

丘の上のゲストハウス「Daigo house」

駐車場が広くて超大型バイクでも快適




 

そしてチェックインすると驚愕の光景が!嘘偽りなく正直に話しましょう!ここのゲストハウスは日本でも有数の綺麗さです、少なくても格安ビジホより100倍いい!

広い部屋、個人ロッカー完備、恐ろしいほど綺麗なトイレとシャワールーム(しかも複数箇所)設備がいい洗面台、そして気遣い良すぎるオーナーさん!ここが3240円とか申し訳ないレベルです。

丘の上のゲストハウス「Daigo house」

館内綺麗すぎワロタ




 

当然、昨日の土曜日は満席だったらしい!分かるわ、ここ泊まるよね!しかし今日は日曜日の夜、見事にドミトリールーム貸切一人ラッキィ!

ここ本当にいい宿だわ、玄関開けたら2秒で連泊したくなりました。

 

すっかり気分がアゲアゲな僕は、宿から歩いて行ける距離の道の駅の温泉にトコトコ徒歩でレツゴー!やっぱり旅先の風呂は温泉でしょ!ひゃ〜、冬の温泉は格別ですなぁ。

 

景色に満足、ご飯に満足、宿に満足!そして素敵なカフェを教えてくれたフォロワーさんと優しいオーナーさん!奥久慈の旅最高に盛り上がってすいません〜!

、、、え?明日の気温は2度ですか?間違ってないですか?、、、そうですかSiriさん、、、、

 

今回のツーリングで訪れた場所

こんにゃくと湯葉が絶品「こんにゃく関所」
住所:茨城県久慈郡 大子町袋田2698−8
電話番号:0295-77-5011
HP:公式ページ

日本三名爆「袋田の滝」
住所:茨城県久慈郡大子町袋田
電話番号:0295-72-0285
HP:大子町観光ページ

森の中の素敵カフェ「遊森歩 (ユーモア)」
住所:茨城県久慈郡大子町袋田2978−2
電話番号:0295-72-6880
HP:大子カフェネット

丘の上のゲストハウス daigo house
住所:茨城県久慈郡大子町北田気577−5
電話番号:0295-76-8443
HP:facebook公式ページ

 

「紅葉を見に行こうよう -奥久慈- PART2」燃えるような紅葉

2017.11.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA