【バイク乗りの憧れの道】究極の直線道路オロロンラインをツーリング

オロロンライン


大陸を感じる究極の直線道路

車、バイク、自転車、、、乗り物を愛する人なら、生きてるうちに一度は走って欲しい、北の大地の究極の直線道路があります。それは北海道の日本海側の、天塩町から稚内を結ぶ、道道106号稚内天塩線です。

この道は、小樽から稚内までの約380kmの海岸線を走り抜ける道、通称「オロロンライン」の最大のハイライトでもあります。

 

どの区間も、抜けるような青い海と青い空、ダイナミックな風景が味わえるドライブルートなのですが、この道のハイライトの道道106号は別格中の別格。信号もガードレールもない、海と草原が延々と続く直線道路を、地平線を目指して、ただひたすら走る。

ここは本当に日本ですか?と疑いたくなる絶景ロードです。

 

ちなみにオロロンラインのオロロンとは、オロロンライン上にある沖合いの天売島の海鳥「オロロン鳥」からきています。オロロン鳥は現在、絶滅危惧種に指定されている貴重な鳥です。

オロロンライン
オロロンライン
オロロンライン


 

全てがダイナミック

道中、日本海に目を向ければ、日本百名山の雄大な「利尻富士(山)」が見え、北海道側に目を向ければ、巨大な28基の風車が3kmにも渡って立ち並ぶ「オトンルイ風力発電所」の圧巻の景観が広がり、途中北緯45度のラインを通過する、、、これはまさに大陸、いや地球を感じる道。

とにかく本州の常識が一切通用しない、全てがダイナミックな道です。

 

車やバイクはもちろん、自転車や徒歩、リアカー(?)など様々な旅人が毎年この道を目指します。そういう意味でも一見の価値がある場所です。

 

車やバイクの方は道中、ガソリンスタンドが100km程ない区間もあるので、予め早めの給油をオススメします。またスピードの出し過ぎにはくれぐれも注意です!事故を起こしたら、せっかくの北海道の旅が台無しです。

オロロンライン
オロロンライン
オロロンライン
オロロンライン


 

大陸を味わえる日本唯一の場所

海と山がどちらも楽しめる日本には、数々の絶景ロードがあります。日本屈指の山岳ワインディグロードのビーナスラインや志賀草津道路、阿蘇のダイナミックな道。

シーサイドクルージングを満喫できる宮崎の日南海岸、四国の海岸線沿い、伊豆や房総半島、etc、、、しかし「大陸を味わえる道」となると、僕は日本ではオロロンラインが唯一の場所と思っています。

 

僕はかつてオーストラリアをバイクで一周しましたが、オロロンラインで味わえる「大陸感」はまさにそれそのものです。是非とも、オロロンラインを走って、日本という大陸を味わってください!

オロロンライン周辺は見所も満載なので、飽きることはありません。





 

愛車とオロロラインを駆け抜けるには

オロロンラインで愛車と地平線を追いかける!

そのまま北海道一周もしちゃう!
そんな走りたくて仕方ないライダーへ、

バイクで北海道7周済みの僕が、さすライダーになれる方法をシェアします。

読者400名突破中!
さすライダーのメルマガは、コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA