【受付が斬新すぎる】偶然見つけた紋別の驚きの仮設キャンプ場



2016年の北海道ツーリングにて、これまで見たこともない斬新なキャンプ場を、紋別で偶然発見しました。斬新なのはその受付方法で、なんと!24時間トイレの中にある400円のガチャガチャを購入する(これがキャンプ料金)という、既存のキャンプ場の常識をぶち壊す方法なのです!

初めてここを訪れた時は、この受付スタイルに衝撃を覚えました(笑)

僕はこれまで日本各地のキャンプ場に泊まりまくっていますが、この受付方法はここだけのオンリーワンです。しかも、そのガチャガチャの中に「紋別到達証明書」が入っているという心憎い演出に完全ノックアウト。

さらに驚くべきことに、400円のキャンプ料金は「シーズン料金」です。つまり、夏のシーズンの間は何泊泊まっても400円の泊まり放題!ちなみにキャンプ料金はテントを張っても車中泊でも、車でもバイクでも一律400円という明快さです。

さらにさらに、なんとこの価格でゴミまで引き取ってくれます!もはや全てが常識外の斬新すぎるキャンプ場です。

f:id:sasu-rider:20170703100828j:plain
f:id:sasu-rider:20170703100827j:plain
f:id:sasu-rider:20170703100829j:plain
 

キャンプ場が少ない紋別エリアの救世主

ある程度の規模の町の周辺には、大抵キャンプ場があるのが北海道ですが、実は今まで紋別にはこれといったキャンプ場がありませんでした。

そのため、宗谷岬方面からオホーツク海を知床方面に向かうという一般的なルートだと、手間の町の興部町か、紋別をちょっと通り過ぎた場所まで行く必要がありました。

紋別は、この辺りのエリアにおいては比較的大きな町なので、その紋別でキャンプができるとなると、かなり利便性の高いキャンプ場だと言えます。実際、市街地まで車やバイクで5分で行けます。

しかし、現状このキャンプ場は「仮設キャンプ場」として、試験的に運営されているもので、今後なくなる可能性もあるという事だけは覚えておいてください。

ちなみに仮設とはいっても、設備は必要十分なのでご安心を!特にトイレが綺麗なのはポイント高いです。

f:id:sasu-rider:20170703100830j:plain



 

まさにオンリーワン!

キャンプ場があるエリアは、通称「ガリヤゾーン」と呼ばれる、紋別の観光名所がギュギュッと圧縮されたエリアなのです!オホーツクタワーや海洋交流館の観光施設、紋別の顔である流氷掘削船の「ガリンコ号」の発着場もここにあります。

さらには見所満載のオホーツク流氷科学センター「ギザ」、紋別の有名な写真撮影スポットである「カニ爪オブジェ」も徒歩圏内!

 

受付方法が斬新で面白く、市街地に近くて利便性抜群!設備充実で安い上に、周辺は観光スポットだらけ!今までこんな魅力的なキャンプ場があったでしょうか?これぞ正にオンリーワン!

そして、こんな素敵な場所が、今まで特に宣伝もなくひっそりと「仮営業」しているなんて、全くなんと良いネタになる場所なのでしょう(笑)これだから北海道の旅は辞められないですね!

ここは、本当は誰にも教えたくないのですが、今回勇気を持って公表します!願わくば、正式なキャンプ場にならず、このまま仮営業のマイナーなスポットであり続けて欲しい、、、なんて僕のワガママですかね(笑)

f:id:sasu-rider:20170703114635j:plain

紋別キャンプ場(仮営業)
住所:〒 094-0031 北海道紋別市海洋公園1番地
電話番号:0158-24-8000
キャンプ可能期間:6月~10月
受付時間:24時間(ただし周辺に気を配り常識的な範囲で)
キャンプ料金:400円でワンシーズン有効
公式HP:紋別市海洋公園イベント広場



 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA