【手作り感溢れる宿】丘のまち美瑛の心温まる宿「陽だまり」

陽だまり



旭川から南へ1時間弱、まるで絵葉書のような風景が広がる「丘のまち美瑛」は、ここ数年で富良野に次ぐ一大観スポットになった感じがあります。今回はそんな美瑛のイメージにぴったりな、手作り感溢れる素敵な宿「陽だまり」を紹介します。

2011年の北海道ツーリングにて、予定のキャンプ場までたどり着かず、行き当たりばったりで偶然発見した宿です。美瑛の市街地からさほど離れていないのに、誰もがイメージする美瑛の風景の中にある隠れ家的な宿です。

そのオシャレで可愛い外見は「ここ絶対当たりの宿だろ!」感を醸し出しています。手作りの屋根付きバイク置き場もあって、ライダーには非常にありがたい宿です(十分なスペースの駐車場もあります)

泊まったその日に、夫婦で一発でこの宿の大ファンになりました(笑)

f:id:sasu-rider:20170707172702j:plain
f:id:sasu-rider:20170707172700j:plain
 

オーナーさんのセンスが光る宿

「陽だまり」の中に入ると、まるで海外のB&Bのようなセンス溢れる可愛い内装にテンションが上がります。綺麗で清潔な客室からは、目の前の美瑛の美しい風景が一望できます。

カフェのような食堂には、無料のドリンクバーもあってゆったり寛げます、庭のテラス席でコーヒーを飲みながら景色を眺めるのも良いでしょう。とにかくオーナーさんのセンスが光りまくっている宿です。

ちなみに宿の種類としては、ユースホステルやゲストハウスに近い感覚ですが、部屋は個室です。

f:id:sasu-rider:20170707172703j:plain
f:id:sasu-rider:20170707172658j:plain
f:id:sasu-rider:20170707172701j:plain


 

美味しい食事と素晴らしいコスパ

宿の楽しみの一つが食事ですが、結論から言うと「陽だまり」のご飯はオススメです。美味しい地元の素材を使った、ボリュームある夕食は食べる前から笑顔になれます。窓の外に広がる、美瑛の美しい風景を愛でながらご飯を食べるのは、非日常感満載です。

そして、何よりも嬉しいのが、こんなに素敵な宿で食事もおいしいのに、一泊二日で7300円と言うコスパの高さです。コスパが高いと言うよりは価格破壊レベル(笑)

貧乏旅行をこよなく愛する僕は、普段宿に泊まる際は素泊まりが基本ですが、ここは当たり前に食事もつけます。

※宿泊料は2017年7月時点での情報です

f:id:sasu-rider:20170707172704j:plain


 

オーナー夫婦の絶妙な距離感

この手の旅人宿では、オーナーさんが宿泊者と密接なコミュニケーションを図るのが好きな場合が多いですが、僕は正直苦手です。なぜなら旅先では、ゆっくり静かな時間を過ごしたいからです(しかも場所が癒しの美瑛な訳です)

そう言う意味で「陽だまり」のオーナーご夫婦の、宿泊者との絶妙な距離感は素晴らしいです。

何かあるときは親切に対応してくれて、話しかければ喜んで話してくれる、こちらがゆっくり過ごしたい時はそっとしておいてくれる、本当に絶妙なんですよ(笑)まさに遠からずも近からずと言う言葉が当てはまります。

美瑛に来た際は「陽だまり」に是非泊まってみてください、きっと心から癒されますよ。

f:id:sasu-rider:20170707173839j:plain


美瑛 旅の宿 陽だまり
住所:〒071-0241 北海道上川郡美瑛町字水上
電話番号:0166-92-5510
予約受付時間:8:00~21:00
公式HP:美瑛 旅の宿 陽だまり



 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA