【保存版】SSTRのルール・システム・ルート・体験談まとめ

どもです、さすライダー(@SasuRider0420)です(きらり)

 

今年の5月26日、前から興味のあった、

胸熱バイクイベント、

SSTRの2018年大会に、

GS号で初参加しちゃいました。

 

とても素敵で熱いイベントだったので、

SSTRをより多くのライダーに知ってもらうべく、

この記事を書いてみました。

 

実際にSSTRに参加した経験をもとに、

そもそもSSTRってなんだろな?

どういうルールで、どういうシステム?

実際はどんな感じなの?

 

これらの疑問に答える形で、

僕の体験談も踏まえながら、

SSTRというイベントの全てを、

ガッツリ解説していきますよ。

 

※この記事内の情報は「SSTRの2018年大会」のものです。

 



 

SSTRとは石川県の千里浜を目指すラリーイベント

SSTRとは「サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー」の略です。

 

そして、そのSSTRの内容とは

大会当日の日の出とともに、任意の日本列島の東海岸をスタート、

その日の日没までに、石川県の千里浜のゴールを目指す、

そんな、アドベンチャーなツーリングラリーイベントです。

 

2013年から始まったSSTRは、

バイク冒険家「風間深志」さん発案のイベントで、

今回の2018年大会の参加台数は、

なんと!3000台を誇ります。

 

初回の2013年の大会では、

130台だった参加者が、

5年後の今では3000台、、、、

ものすごい成長率ですよね。

 

ゴールの千里浜を目指そう


 

SSTRのルールについて(スタート地点・ゴールの条件)

SSTRは、いわゆるレースではなく、

各々のライダーが独自のルートで、

独自の考えに基づきゴールを目指す、

自己完結型のラリーイベントです。

 

つまり、順位という概念は存在せず、

ライダーそれぞれのテーマに従い、

それぞれの楽しみを見出すイベントです。

 

だからと言って、決してふわっとした、

アバウトなイベントではなく、

ゴールを目指すためには、

定められたルールをきちんと把握する必要があります。

 

ルールブック兼データ記録シートが事前に配られます。


 

SSTRのスタート地点は日本列島の任意の東海岸

SSTRのスタート地点は、

参加するライダー自身が、

自ら選んだ場所です。

 

場所は、日本列島の任意の東海岸、

つまり、主に太平洋側で、

海が見える場所が望ましいです。

 

しかし、建物や地形の影響などで、

海が見えない場合は、とにかく沿岸部で、

日の出の方向が明るくなっていれば、

それで問題ありません(スタート地点で写真を撮ります)

 

その、任意に選んだ場所の、

日の出の時間が、SSTRのスタート時間なので、

つまり参加するライダーによって、

スタート時間は異なってきます。

 

一般的に日の出は、

北のほうが早く、南の方が遅いので、

北のほうからスタートした方が、

若干ですが、時間は増えます。

 

ちなみに僕は、千葉県市川市の、

塩浜三番瀬展望台付近を、

スタート地点としました。

 

僕が選んだスタート地点はココです


 

え?千葉県なら房総半島の東側でしょ?

そこからスタートするのが漢ってやつでしょ?

 

、、、それ、ゴールまでの距離が、

めっちゃ伸びますし、

東京湾も日本列島の東海岸なので、

許してくださいね(笑)

 

そうです、スタート地点は、

「任意」の東海岸なので、

出発する都道府県の、

一番東側じゃなくてOKなんです。

 

例えば四国のライダーなら、

瀬戸内海沿岸なら、

どこでもスタート可能です。

 

もちろん、自分が住んでいる、

都道府県以外の東海岸でも、

全く問題ありません。

 

というより、極端な例ですが、

例えば、沖縄と北海道のライダーは、

物理的な時間の問題で、

本州のスタート地点から始めないと、ゴール出来ません。

 

それと同じく、開催地の石川県のライダーは、

スタート地点、つまり石川県と真逆の東海岸まで、

大会当日前に「逆SSTR」をする必要があるので、

最も大変なのかもしれません(汗)

 

SSTRのゴールは石川県の千里浜「なぎさドライブウェイ」

SSTRのゴールは、

石川県の羽咋市にある千里浜、

通称「なぎさドライブウェイ」です。

 

なぎさドライブウェイは、

世界に3つしかないと言われる、

砂浜を車やバイクで走れる、

日本で唯一の場所です。

 

この「走れる」というレベルは、

砂浜を、おっかなびっくり走るという意味ではなく、

「普通に」走れるという意味です。

 

実際、千里浜に行くと、バイクはもちろん、

車や観光バスまで砂浜を走っており、

砂浜なのに、道路表記もあったりします。

 

僕は、ゼルビスで日本1周した際に、

なぎさドライブウェイを経験済みですが、

車重のあるGS号では、正直怖いと思っていました、、、

が!実際は、余裕で気持ちよく砂浜を走れました!

 

なぎさドライブウェイは「超気持ちい〜」と誰でも北島選手になれる場所


 

この、砂浜をバイクで走れるという、

非現実感溢れる場所が、

SSTRのゴールであり、

タイムリミットはその日の日没です。

 

なお、2018年のSSTRの日没は、

19時02分でしたので、

19時02分までゴールする必要がありました。

 

ちなみに、SSTRのゴールとは、

なぎさドライブウェイ上で、

後述する「SSTRシステム」を使い、

位置確認をした時点でゴールと認定されます。

 

なぎさドライブウェイ上に、

物理的なゴールゲートはありますが、

実際のゴールは「SSTRシステム上での認定」なので、

そこは把握しておく必要があります。

 

これが「物理的な」ゴールゲートです


 

SSTRはゴールまでに2つの条件を満たす必要がある

SSTRのゴールまでのルートは、

参加するライダーの自由であり、

一般道、高速道路、フェリー、その他、

何を使っても、組み合わせてもOKです。

 

と、なると、じゃ〜千里浜まで、

最短距離のルートを、

高速道路でぶっ飛ばせば、

余裕でゴールじゃね?

 

と、思ってしまいますが、

そこは、SSTRが「ラリー」と名乗っているだけに、

そう簡単な話ではありません。

 

ただ走れば良い!ってことじゃない


 

実は、SSTRのゴールは、

日没までに千里浜にたどり着く、

この条件の他に、

もう2つのゴール条件があります。

 

それは「指定道の駅」での位置登録と、

合計10ポイント以上の獲得です。

 

この「指定道の駅」での位置登録と、

10ポイント以上の獲得・判定には、

「SSTRシステム」と呼ばれる、

独自のGPSシステムを使います。

 

SSTRシステムは、スマホのブラウザで使用できる、

クラウド型のGPSシステムで、

例えば、高速のSAや道の駅で、

システムを起動すると「位置登録」が出来ます。

 

要は、位置情報による現在地通知システムで、

ライダーが「位置登録」をすると、

SSTR側にそのデータが飛んでいき、

ポイント数や位置情報を記録するというものです。

 

各々のデータはライダーの、

「ゼッケン番号」で管理されており、

SSTRにログインする際は、ゼッケン番号と、

パスワード(ライダーが設定)が必要です。

 

なお、現在スマホを持っておらず、

ガラケーなどで、GPSが使えないライダーは、

メール送信で位置登録を知らせる方法もあります。

 

SSTRシステムの位置登録(実際は現在の所在地が表示されます)


 

位置登録時には、オドメーターの数値も、

同時に記録する必要があり、

スタート時にも位置登録が必要です。

 

条件その1:SSTRシステムで10ポイント以上獲得する

SSTRシステムでの位置登録時に、

各施設に応じたポイントが付与され、

それを、10ポイント以上集めた段階で

ようやく1つ目のゴールの条件が揃います。

 

つまり、日没まで千里浜にたどり着くだけでは、

ゴールとは認められず、10ポイント以上集めて、

後述の「指定道の駅」での位置登録をした上で

はじめてゴールと認定されます。

 

ちなみに、千里浜でゴールの位置登録をする際に、

2つの条件が満たされていない場合は、

SSTRシステム上で「ゴール条件を満たしていません」

という意味合いの表示がされるようです

 

この段階ではゴールにはあと1ポイント必要


 

さて、その肝心の、

ポイントがゲットできる場所ですが、

高速道路のSAまたはPA、そして道の駅です。

 

高速道路上のSAとPAは1ポイント、

道の駅は2ポイント、指定道の駅は3ポイント、

道の駅「狼煙」は5ポイントの獲得が可能です。

 

道の駅「狼煙」は、ゴールの千里浜がある、

能登半島の北の端にある道の駅で、

つまり、ゴールまでかなり遠回りになるので、

ある種のチャレンジ企画的な場所です。

 

その、道の駅「狼煙」での、

位置登録に成功したライダーには、

ゴール会場で「SSTR特製狼煙ステッカー」が、

もらえる特典があります。

 

あ、僕は長距離走行が苦手なので、

素直に挑戦していません(笑)

 

条件その2:SSTRシステムで「指定道の駅」での位置登録

「指定道の駅」での位置登録と、

合計10ポイント以上の獲得、

これがSSTRのゴールの資格を得る条件であり、

ポイントについては前述の通りです。

 

さて、もう一つの条件「指定道の駅」ですが、

これは、SSTRが定めている、

各都道府県に1箇所づつある、

指定の道の駅のことです。

 

この「指定道の駅」での位置登録が、

最低1箇所、ゴールの条件として必要です。

 

つまり、仮に10ポイント以上獲得しても、

指定道の駅での位置登録がなければ、

ゴールの資格を得ることはできません。

この、指定道の駅をどこに設定するか、

実は、これがSSTRのルートを練る上で、

一番のポイントだったりします。

 

千里浜までの最短距離上に、

指定道の駅があればいいのですが、

どちらかといえば、最短ルートから、

外れた場所にあることが多いです。

※あくまで千葉県からスタートした場合(僕の場合)

 

ちなみに僕は最終的に、能登半島上で、

千里浜と反対の場所にある、

富山県の「氷見」の道の駅を、

指定道の駅として位置登録しました。

 

なお、指定道の駅は3ポイントゲットできます。

 



 

さすライダーが実際に走ったSSTRのルート

実際に僕が走った、SSTRのルートを、

ここで紹介しようと思います。

 

なお、このルートは千葉県市川市の、

塩浜三番瀬展望台付近を、日の出とともにスタート、

あくまで「SSTR2018」における、

指定道の駅とポイント数です。

 

僕のSSTR2018の走行ルートです


 

まずは、京葉道路市川ICから首都高へ、

首都高から中央自動車に移行し、

長野線を松本ICまで走る。

※ETC休日割引でトータル3980円

 

松本からは国道158号線で、

上高地・岐阜方向へと進み、

途中、安房峠道路を通過、

その後は国道41号線を富山方面へ。

※ETC休日割引430円(安房峠道路)

 

その後、富山ICから小杉ICまで、

北陸自動車道(ETC休日割引300円)を走り、

あとは下道を指定道の駅「氷見」まで走り、

ゴールの千里浜を目指す。

 

このルートで獲得ポイント12ポイント、

指定道の駅「氷見」での位置登録、

走行距離436kmで、

12時間30分でゴールのSSTRでした。

 

実際にポイントをゲットした場所は、

下の完走証明書の写真を参照してください^ ^

 

写真右側の、スタートと千里浜の間の項目が、

実際にポイントをゲットした場所で、

赤文字の氷見が指定道の駅です。

 

SSTRのすべてが記録されている完走証明書


 

ちなみに完走証明書は、

ゴール翌日に、会場でもらえます!

 

自分が走った、

SSTRのデータがまとまっていて、

とても記念になるものです。

 

SSTRの参加費用について

SSTRは有料のイベントで、

参加費用は1万です(通常ソロの場合)

 

1万円、価格だけを聞くと高く感じますが、

これだけの規模のイベントなので、

妥当な価格、いや相当頑張っていると思います。

 

参加台数が3000台なので、

単純計算で売り上げは3000万ですが、

GPSシステムの開発費とか会場費、

当日のスタッフの人件費など、ほとんど儲けはないと思います。

 

そもそも、この手のイベントは、

やっている本人たちが楽しいから、

やりたいからやっていると思うので、

何が言いたいかというと、素直に払いましょう(笑)

 

ビジネスとして利益を出すことが目的なのか?

やりたいことを実現することが目的なのか?

これは、何かを立ち上げる際に、

必ず決めないといけないことです。

 

話がかなり脱線して、別な話になる勢いですが、、、

 

参加費の1万円には、愛車に貼るゼッケンステッカーや、

ゴール時にもらえる記念品なども含まれており、

参加費の1万円が安いと感じるほど、

心理的にも物質的もリターンが大きいイベントです。

 

事前に送られてくるSSTRセット(ゼッケンステッカー、ルールブック、リストバンドなど)


ゴール後にもらえる嬉しいお土産(小さなバッジは完走記念品)


 

SSTRの当日の宿泊について

SSTR当日は、少なくても全国から、

3000台のバイクが来るので、

当然、宿泊施設はアップアップな状態が予想されます。

 

僕は当初から、適当な場所でキャンプの予定だったので、

宿泊予約サイトを見てはいないですが、

恐らく、千里浜周辺で満室が目立つ状態であることは、

容易に想像できます。

 

そんな時は、SSTRと地元の方が用意してくれる、

簡易宿泊場がおすすめです。

 

SSTRの簡易宿泊所は、

現地の公民館的な場所で、

いわゆる雑魚寝スタイルで泊まれる、

寝袋持参のライダーハウスのような感じです。

 

もう一つは、同じく公民館的な場所の、

外のスペースにテントを張って寝るという、

即席キャンプ場的な場所です。

 

僕は、結果として後者を利用した人間で、

野球場のグランドにテントを張って寝るという、

非常に面白い体験をしました。

 

下手なキャンプ場より快適な野球場のグランドでのキャンプ


 

芝生がフッカフカだったので、

ぶっちゃけ、下手なキャンプ場より、

最高に快適でした(笑)

※他のライダーも「ここ最高だな」と言ってましたw

 

価格は、公民館的な場所に、

雑魚寝スタイルは500円、

キャンプスタイルは300円と超格安です。

 

ただし、これはあくまで、

イベントの臨時の措置なので、

地方創生の観点からは、現地の宿泊施設に、

お金を落とすことが望ましいと言えます。

 

最初から宿泊施設を考えていない、

僕が言うのもなんですが(爆)

※SSTRのゴール後はそのまま北陸ツーリングだったので、予算的に。。。

 

もちろん、宿泊施設が空いていればの話です!

 

それと、必ずしも簡易宿泊所が、

毎年やっているのか?

これは不確定な情報であることを、

最後に付け加えておきます。

 

SSTRのゴール会場はお祭り騒ぎ&翌日もイベントあり

10ポイント以上の獲得、

指定道の駅への立ち寄り、

このミッションが完了したら、

いよいよゴールを目指すだけです。

 

千里浜の任意の場所で、

SSTRシステムで「ゴール登録」をしたら、

最後に待ち受けているのは、

なぎさドライブウェイのビクトリーランです。

 

砂浜をバイクで走る、

これだけで既に非日常ですが、

実に3000台ものバイクが来るので、

スーパー非日常な訳です。

 

これぞ「非日常」の世界


 

ゴールには大きなゴールゲートがあり、

SSTRのスタッフと地元の方々が、

皆、笑顔でライダーを迎えてくれます。

 

僕は、主催者の風間さんと、

ハイタッチしてゴールしました。

 

この、なぎさドライブウェイを走って、

ゴールゲートをくぐるまでの時間が、

SSTRで最高にテンションが上がる瞬間です。

 

ゴォ〜〜〜ル!!!の瞬間(テンションMAX)


 

次々とバイクが砂浜を走って、

ゴールゲートをくぐる様は、

まるで海外のイベントのようで、

自分がゴールした後も、見てるだけで楽しいです。

 

ゴールゲート付近には、ゴール登録をする受付と、

おにぎりなどの軽食がもらえる地元の方のブース、

バイクメーカーや用品メーカーの出店ブースがあり、

完全にお祭り騒ぎ状態です。

 

なんと、僕の敬愛するBMW様のブースでは、

BMWオーナー限定の無料マッサージコーナーがあり、

綺麗なチャンネーのマッサージで、

長距離走行の疲れが一気にぶっ飛びました(笑)

 

カミサマホトケサマBMWサマ(写真右奥がマッサージブース)


 

だんだんと日が落ちて来ると、

ますます会場はヒートアップ、

夕日とバイクと砂浜、

絵にならない訳がないですね!

 

僕はゴール登録をした後、

すぐにゴールゲートをくぐりましたが、

なるほど、日が落ちる寸前にゴールした方が、

雰囲気がさらに盛り上がりますね。

 

クライマックスは花火まで上がる始末




 

ゴール自体は、SSTRシステムで、

千里浜でのゴール登録をした時点で、

ゴールとみなされているので、

ゴールゲートをくぐる時間は自由です。

 

最高に盛り上がった日の翌日は、

午前中に会場でイベントがあり、

著名なバイク人のトークショーや、

特に目立ったライダーの表彰式があります。

 

イベントには鉄人カソリさんも登場!


 

SSTRは、順位を競う大会ではないですが、

例えば、ポイントをもの凄く稼いでいたり、

鹿児島の佐多岬(日本最南端)から来てみたり、

そんな目立つ偉業を成し遂げたライダーは、表彰されます。

 

佐多岬から来たライダーは、

僕と同じR1200GS号で、

約1200キロ、ほぼ走りっぱなしで、

余裕で時間内にゴールしてました。

 

たったの400キロ走って、

もう走りたくない!とヘロヘロになっていた、

チャンネーのマッサージがなかったら死んでいた、

僕は一体、、、、

 

これからも走らないGS乗りとして頑張ります(?)

 

あ!千里浜はバイクで走れるとは言っても、

砂浜なので、サイドスタンドがノーマルの状態だと、

埋まっちゃうので注意です。

 

なので、空き缶でも、

サイドスタンドケースでも、

それ系のブツの用意が必要です。

 

僕は、ツアラーテックの、

サイドスタンドエクステンションを付けているので、

そのままで問題なしでした。

 

これ本当にオススメですよ!特に重いバイクの方、、、、

 

サイドスタンドエクステンションで砂浜でも埋まらないの図


 

あ、そうそう、バイクイベント恒例の、

じゃんけん大会もありましたよ、

商品はかなり豪華でした。

 

さすライダーのSSTR2018の体験記

最後に、実際に僕が参加した、

SSTR2018の体験記を綴ります。

 

SSTRに興味がある、

SSTRに参加したいライダーの、

参考になれば幸いです。

 

3時起床のはずが寝坊して4時40分スタート

5月26日、SSTR当日のスタート地点、

千葉県市川市の日の出時間は、4時29分。

 

当然、日の出ジャストにスタートするでしょ!

 

そう気合いを入れて、3時に起きるつもりが、

案の定寝坊して、スタート位置についたのは、

余裕の4時30分(笑)

 

こんな時間なのに、

SSTRのゼッケンを付けたバイクがいっぱい、

あなたも好きね〜!なんて寝ぼけ頭を起こしつつ、

写真を撮って出発(太陽は曇りで見えず)

 

おっと、SSTRシステムでの、

スタートの位置登録も忘れずにっと。

 

千葉県市川市:塩浜三番瀬展望台付近にてスタート写真とスタート位置登録


 

トイレとの絶対に負けられない戦いが勃発

首都高こわいな、、、でも仕方ない、

今回の僕のSSTRに対するマインドセットは、

「確実にゴールする」これだ。

 

はじめての参加なので、

変化球は飛ばさず、確実にゴールする、

これがブレてはいけない。

 

そして、確実にゴールするためには、

首都高に乗る!首都圏を下道で走っていては

かなりのタイムロスになってしまう。

 

なので、意を決して首都高に乗ると、

SSTRと思われるライダーが、

次々に僕のGS号を抜かしていく(笑)

 

すごいな、まるで首都圏全てのライダーが、

SSTRに参加するように錯覚するレベル、

それくらいにSSTRバイクが、

首都高に溢れかえっている。

 

あ、トイレに行きたい、、、、

急にやばいくらい催してきた、

あれ?SAがない、PAがない、、、漏れルゥ。。。

 

僕は、あまり高速道路経験がないのですが、

首都高から中央道のコースって、

石川PAまでトイレないんですね、、、

マジでやばかったです(間に合った)

 

辛くもトイレとの戦いに勝負した僕は、

石川PAにて位置登録、

高速のPAなので、1ポイントゲットだぜ(きらり)

 

石川PAにてトイレ休憩と位置登録


スタンプを集めるのも思い出になりますね(SSTRのルールブックにスタンプ帳あります)


 

中央道をひたすら松本ICまで走る

首都高から中央道にジョイント、

道幅が広いので快適快適、

他のバイクにバンバン抜かれようと、

僕は80km定速走行、スピード苦手です。

 

それにしても、SSTRのバイクが多い、

高速道路を走っているバイクは、

全部SSTRじゃね?ってくらい多い多い。

 

その後、釈迦堂PA、諏訪子PAにて、

休憩と位置登録で合計2ポイントゲット、

現在累計3ポイントですな。

 

諏訪子PAには、ハイウェイ温泉があって、

めちゃ入りたかった、、、温泉、、、

観光、、、いやいや今日は確実にゴールする!

これがマインドセットだ(温泉、、、)

 

諏訪子PAのハイウェイ温泉(今度入ろう)


 

下道でひたらすら岐阜県を目指す

無事に松本ICまで走った僕とGS号は、

今度は下道の旅にチェンジ、

国道158号線を、岐阜方面に向けて走り出す。

 

天気が良い土曜日なので、

途中にある「上高地」への渋滞が心配だが、

確かに若干詰まっているが、

まぁそれほどではない。

 

だらだらと国道を走っていると、

そろそろケツと腰が痛い、

今日はもう200km以上走ってるもんね、

いつもならその日のツーリング終了な距離です。

 

SSTRで初めての道の駅、

「風穴の里」にて2ポイントゲット、

現在累計5ポイントです。

 

道の駅の駐車場はまるで、

モーターサイクルショー状態、

しかも、ほとんどがSSTR、

本当にすごいなこのイベント。

 

今日は全国でこういう光景が見れるのだろうか?

 

これ、この景色を見たら、

絶対バイクに興味持ってくれる人、

出てくると思います(そういう趣旨もあるのかな)

 

SSTR参加特典として、

道の駅のソフトクリームを、

割引価格で食べちゃいました、

ラッキィ( ・∇・)

 

SSTR参加特典の目印


道の駅はモーターサイクルショー状態


 

その後、上高地を安房峠道路で通過、

天気がいいので、上高地をトレッキングしたいけど、

今日の目的は確実にゴール!

 

上高地に寄るなよ寄るなよ、そう自分に言い聞かせました。

 

ちなみに安房峠道路、

有料道路なので、もしかして上高地が見えるんか?

と思ったら、ただの長い長いトンネル、

つ、つまらん、、、ってか怖い(トンネル苦手です)

 

引き続き下道を富山県を目指して走る

岐阜県に入ると、天気はますます絶好調、

気持ちの良い新緑を駆け抜ける僕、、、

もう腰が痛い、疲れた、帰りたい(爆)

 

景色が良いことがせめてもの救いですね、

やはり僕は、長距離走行が苦手なようです、

あぁ、カフェでゆっくりしたいなぁ。

 

THE ツーリングロード発見(安房峠付近)


 

疲れた、、、飯にしよう、、、

吸い込まれるように道の駅「宙ドーム・神岡」にて、

位置登録と昼飯タイム、

道の駅なので2ポイントゲット、現在累計7ポイント。

 

この辺まで来ると、さすがに、

他のライダーもお疲れのようで、

SSTRのステッカーが貼ってあるバイクの、

ライダーの足取りが全体的に重い(笑)

 

景気付けに、飛騨牛焼き肉丼をチョイス、

肉を食べてエネルギチャージだ、

まだまだ先は長いからね。

 

飛騨牛焼き肉丼をチョイス(まいうー)


 

その後、道の駅「細入」にて2ポイントゲット、

累計9ポイントなので、あとは指定道の駅に寄って、

3ポイントゲットすれば、合計12ポイント、

ゴール条件は余裕で満たせそうだ。

 

もちろん、10ポイント「以上」が条件なので、

10ポイント丁度あれば良いんですが、

ほら、なんか丁度って、、、怖いじゃないですか!

 

僕は、石橋を叩いても渡らない人間なので(爆)

 

富山県の指定道の駅「氷見」でゴールを捉えた!

もはやヘトヘト、、、ゴールはまだか!

 

富山県に入った僕は、

最後の力を振り絞り、

富山県の指定道の駅「氷見」まで来た。

 

疲れた体に、途中の富山市の市街地走行は、

かなり響いた、、、けど氷見まで来たぞ。

 

氷見の道の駅は、富山湾が一望できて、

敷地が広く、魅力的なお店がたくさん、

しかも足湯まである、とっても素敵な場所。

 

位置登録を済ませて、

指定道の駅の3ポイントゲット、

トータル12ポイントでゴール条件達成!

 

氷見の道の駅から、ゴールの千里浜は、

だいたい30キロ前後、

ついに捉えた!だから、足湯入りま〜す\(^^)/

 

SSTR2018ゴォ〜〜〜ル!!!

日本一周の時に訪れた、

見覚えのある風景、ついに来た!

 

なぎさドライブウェイの入り口にて、

ゴールの位置登録完了、

2018年5月26日17時12分、

SSTR2018ゴォ〜〜〜ル!やったね!

 

なぎさドライブウェイの入り口(全然怖くないですよ)


 

なんの根拠もないですが、

成功のイメージは出来ていたので、

完走できるとは思っていました。

 

何事も自分の中で、

成功のイメージができていれば、

今できないことでも、大抵うまくいきます。

 

反対に、マイナスのイメージしか持てないと、

今できることでも失敗します(経験多数あり・笑)

 

千里浜で愛車の写真を撮りまくって、

いざ栄光のビクトリーラン!

 

たくさんの人の声援を受けて、

なぎさドライブウェイを走り、

ゴールする瞬間は「最高」の一言でした。

 

ってことで、SSTR2018大成功(スーパーきらり)

来年も是非、今度は妻も引き連れて、

別なルートでチャレンジしたいと思います。

 

砂浜とバイクの非日常すぎる光景


 

結論:SSTRはライダーなら参加すべし

SSTRに初参加した素直な感想は、

疲れたけど参加してよかった!

これに尽きますね。

 

ライダーは「達成感」が大好物です。

 

例えば、端っこが大好きですよね、

宗谷岬とか佐多岬とか、

もちろん僕も大好きです。

 

つまり、最果ての地に、

「バイクで行った」という、

達成感を求めて行くんですよね!

 

それと同じ原理で、SSTRは日本の東から西まで、

「1日で走りきったぞ!」という達成感が味わえます、

だからライダーは惹かれるんでしょうね。

 

千里浜の綺麗な夕日


 

SSTRに興味があるライダー、

参加しようか迷っているライダーがいたら、

僕は参加をオススメします、

ライダーなら、必ずや得るものがあります。

 

それでは、来年また千里浜で会いましょう(最高のきらり)

 

4 件のコメント

  • お疲れさまでしたー、613です 私は2015以来 2回目の参加で 九州発(2回)となりました、同じ高速メインルートでしたので
    次回は 違うルート 前日発 下道でもいいかな?って感じです(高速ルートで1000キロちょいとなります) また 次回参加されるときはよろしくお願いいたします。^^

    • お疲れ様でした\(^^)/

      九州からのチャレンジすごいですね!しかも2回も!
      僕も次は下道で違うルートにチャレンジしたいです。

      来年また参加する予定なので、道中お会いできたら良いですね♪

  • お疲れ様でした。
    そして、お久し振りでございます。
    2日目に輪島のコンビニでお会い致しましたSC1083です。
    このイベントは、私にとっても多くのライダーと関わりを持てた
    特別なもので、とても良い思い出となりました。
    来年も参加できれば、行きたいと思っております。
    お会いしましたら、また何卒宜しくお願い致します。
    また、地元でお見掛けいたしましたら、お気軽にお声掛け下さい。

    • お疲れ様です、あの時はお世話になりました!

      記憶があるうちに、ブログを書いてみました。
      僕も来年も参加する予定です、今度はぜひゴールの千里浜でお会いしたいですね!

      あ、ご近所でしたね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA