【冬ツーリングの救世主】電熱ベストで365日がツーリングシーズンに!

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) 電熱ヒーター付ウエア テラヒート電熱ベスト HBH-004 ブラック M 94585



こんにちわ!

夏はもちろん、冬のツーリングも大好きな
さすライダーだいちゃんです!

 

空気が澄んだ冬の景色を求めて
寒い寒いと文句を言いながらも愛車で走る

ライダーって本当にドMですよね(笑)

 

なるべく快適に冬ツーリングしたいけど
どんなゴツい冬ジャケットを着ても、高いインナーを着ても

根本的な解決には至らない(やっぱり寒い)

 

え?だったら冬にバイクで走るな?、、、それは言わないで(汗)

 

しかし今回!冬もバイクで走るライダーの、

救世主を見つけました!

実は前から気になっていたんです!電熱ベストってやつを!

 

せっかく電源ソケット付きのGS号に乗っているので

これは試すしかない!
と思って、早速Amazonで漁りました。

※後述しますが、電源ソケットがないバイクでも全然問題なし

 

そして良さげなブツを見つけちゃいました。

バイク用品の老舗デイトナ製の電熱ベストを!

 

 

そもそも電熱ベストって?

電熱ベストは、その名前の通り
電気の力で熱を発生させるベストのことです。

実は、電熱ベスト自体は以前からありました。

 

しかしそれはバイク用ではなく、作業用(ワークマン的な)目的のものでした。

 

ところが昨今、バイクに電源ソケットが付いているのが
一般的になってきて(後付けもできるし)

更にはモバイルバッテリーの普及も相まって、

ここ数年でバイク向けの電熱ベストが増えてきたわけです。

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) 電熱ヒーター付ウエア テラヒート電熱ベスト HBH-004 ブラック M 94585

早速手元に届いちゃいました!


 

冬のバイク用アパレルは

「外気を遮断し、暖かさを外に逃さない」ことを目的としていますが

電熱ベストは「体を温める」ことを目的としています。

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) 電熱ヒーター付ウエア テラヒート電熱ベスト HBH-004 ブラック M 94585

GSの電源ソケットに繋いでいるの図


 

つまり、電熱ベストで体を温めて
アウタージャケットで、それを外に漏らさず外気を遮断する。

これが最強なわけです!

すなわち電熱ベストはあくまで冬用ジャケットのインナーの一種です。

 

くれぐれも電熱ベストだけで走らないように!

発熱しても外気で速攻冷やされます(笑)

 
 

電源の確保は主に2パターン

では早速!電熱ベストを導入するとして、
まず第一に考えなくてはいけないのは、電源の確保です。

 

これは主に2パターンあって

1:バイクの電源ソケットから取る
2:モバイルバッテリーから取る

という方法があります(因みにUSB形式が主流です)

 

電熱ベストが出始めた頃は
バイクのバッテリーから電源を取るという商品が目立ちましたが

そもそも配線が面倒なので、

今はこの2パターンが主流です。

 

電源ソケットがないバイクでも
モバイルバッテリーが使えるので、

現状どのバイクでも電熱ベストが使えるわけです。

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) 電熱ヒーター付ウエア テラヒート電熱ベスト HBH-004 ブラック M 94585

試しに安物バッテリーを繋いでみた


 

もちろんモバイルバッテリーを使う場合は、

時間的な使用限度がありますが、
そこは容量の大きいバッテリーを用意する

複数個持ち歩くなどで対応できると思います。

 

それを踏まえた上で、
今回紹介しているデイトナ製の電熱ベストは

なんと、2つのバッテリーを同時に使うことが出来ます!

 

2個のバッテリーを使えば、かなり長時間維持できます。

更には、僕のようにバイクに電源ソケットがある方は
片方はバイクからの電源供給、片方はモバイルバッテリーから!

そうやって使い分けもできます。

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) 電熱ヒーター付ウエア テラヒート電熱ベスト HBH-004 ブラック M 94585

電源ソケットをつなぐ方


ヘンリービギンズ(HenlyBegins) 電熱ヒーター付ウエア テラヒート電熱ベスト HBH-004 ブラック M 94585

電源ソケットとモバイルバッテリー併用の図


 

バイクから降りて走行中以外に寒い時に、
または雨の日に電源ケーブルが濡れそうな時

運悪くソケットからの電源ケーブルが断線した時(バイクなのでありそうです)

モバイルバッテリーからの電源供給をONにする訳です。

 

つまり、電源ソケットとモバイルバッテリーの
双方のいいとこどりが可能なわけです!

 
 

因みにモバイルバッテリーを新たに買う場合は

Anker製が安くて高性能でオススメです、

最新のやつはかなり小型です(僕のはちょい重い)

 

僕は今回の記事の内容に関わらず、長年Anker製を愛用しています。

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) 電熱ヒーター付ウエア テラヒート電熱ベスト HBH-004 ブラック M 94585

モバイルバッテリーは黙ってAnker製


 

あ、デイトナ純正品は価格が高い割に

バッテリー容量が少なくお勧めできません(笑)

 

中華製の怪しい格安品も避けたほうが無難です!

※純正以外のバッテリーも使用可能と説明書に書いてあります

 
 

実際に使ってみた使用感

実際に使ってみて驚いたことは
背中しか温まらない(電熱線がない)ということです!

これには驚きました。

因みにバイクで使う前に、まず試した時のことです。

 

え?背中だけで暖かいのかな?全身温まると思ったんだけど、、、

 

しかし、結論から言うとそれで十分でした。

こういうアイテムって、
要は温めのポイントを温めるんですよね。

 

全身を温めるより、暖かさが全身に伝わりやすいポイントを温める。

 

実際、背中を電熱ベストで温めると
まるで全身が温められているような感覚になります。

僕は電熱ベストに対して「ジワ〜」っとした

暖かさを想像していたのですが、実際かなり暖かいです。

 

電熱ベストの暖かさは三段階

赤:ハイ、白:ノーマル、青:ロー(切り替えボタンの色が変化)
から選べる仕様になっています。

 

この記事を書いている11月初旬くらいの気温だと

ローでも十分、ノーマルだと着ている服が汗ばむほどです。

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) 電熱ヒーター付ウエア テラヒート電熱ベスト HBH-004 ブラック M 94585

押しやすい暖かさ切り替えボタン(赤く光ってるやつ)


 

これは冬のツーリングが快適になること間違いなし!と確信しました。

 

因みに温度の切り変えは、大きめのボタンで
グローブをしたままでも簡単に出来ます。

僕は信号待ちでも出来ましたよ(もちろん安全優先で)

 

さらに、電熱ベストは思ったよりも薄くて軽いので

冬のライダー特有の「厚着感」が出ないのも好印象です。

 
 

電源ソケットまで距離がある場合

バイクの電源ソケットは、
通常ハンドル周りについていると思います。

僕のGS号は普通のバイクより遥かに車格がデカイので

電熱ベストからの距離が結構あります。

 

なので今回、電熱ベストを買う際に
デイトナ純正品のUSB延長コードを迷うことなく購入したのですが

それは見事に失敗に終わりました(笑)

明らかに長さが足りなかったんです!

 

後から分かったことですが、
電源ソケットがないバイクに、後付けで

シート下に電源ソケットを付けたと言う前提だったみたいです。

どうりで届かない訳です(笑)

 

そこで僕が目をつけたのは、
サンワサプライの巻き取り式USB延長コードです。

単純に長いケーブルだと、余った際の
ケーブルの取り回しが絶対に面倒になると思ったのと

 

その時の状況よって、ある程度フレキシブルな長さが必要だと思ったからです。

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) 電熱ヒーター付ウエア テラヒート電熱ベスト HBH-004 ブラック M 94585

USB延長ケーブルを純正ケーブルにコネクト


 
 

結果としてこれが大正解!

 

クリアランスを長めにも短めにも出来るし、

降車時にケーブルを外しても、
巻き取り式だとコンパクトに収納できるし、

電熱ベストと非常に相性がいいです!

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) 電熱ヒーター付ウエア テラヒート電熱ベスト HBH-004 ブラック M 94585

こんな感じで繋げてます


 

バイクという特性上、USBケーブルの
断線の可能性は否めないので

消耗品と割り切れる価格も決め手になりました。

 

因みに電熱ベスト側の根本のケーブルは
短かかった純正ケーブルを使用しています。

これは、電熱ベスト側は純正のジャバラ形式のケーブルの方が

収まりが良かったからです。

 
 

そのほかのメリットとダメな点

前述したように、
電熱ベストは意外と薄くて軽いです!

 

なので、バイク用の高性能インナーを
沢山レイヤードするよりは、それを電熱ベストに置き換えた方が

シルエットがすっきりします(荷物も減りますし)

 

ぶっちゃけバイク用インナーに
2、3着投資するなら、電熱ベストを買った方が安上がりです。

 

そうです、費用対効果を考えれば意外と安いです!


 

そしてお気づきでしょうか?

これは、、、バイク以外にも全然使えるということを!

寒い冬の通勤にも、ウインタースポーツにも使えますよ。

 

そして、このデイトナ製の電熱ベストの

僕的に最大の特徴は「洗濯機で丸洗いできること」です。

 

え?電熱線壊れないの?と思いましたが、普通に洗濯できました(笑)

 

そもそもバイク用品って、洗濯機禁止のものが多く
面倒で洗濯しなくて、若干匂う時がありますよね?(僕だけ?)

なので、洗濯機丸洗いOKは

僕なりの神ポイントだったりします!

 

最後にこの電熱ベストのダメな点ですが

腕が冷えることです!(他は暖かいですが)
これは商品がベストなので仕方ないと言えばそうですが

寒がりなライダーは、ベストではなく
完全なジャケットタイプの方がいいかもしれません。

 

そして、他社製を買えばいいだけですが
純正オプションがあまり使えないです(笑)

容量の少ないモバイルバッテリーに短いケーブル、、、

ちょっとオチャメなデイトナさんのようです。

 
 

長くなりましたが、、、

電熱ベスト!これはマジで買って正解でした!

今まで以上に冬もガンガンツーリングに行こうと思います。

 

365日ツーリングシーズンにしてくれる

電熱ベスト!是非とも体験してみてください(^ ^)

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA